三河屋旅館

DSC00899兼ねてから気になっていた箱根の三河屋旅館。箱根応援の一環でリニューアル開業初日に宿泊した。GOTOを利用、かながわ県民割には少し早かったので適用できなかった。

三河屋旅館、2020冬位から休業状態で、HPも海外サイトに乗っ取られていた。宿の前を通った時は一部ブルーシートがかけられて、ああいよいよ廃業かと残念に思っていたが、DSC00890タイムリーに藤田観光グループが買い取ってリニューアルするとの話。これはしめたと開業初日を予約していた。

風格のある入口、初日とあってスタッフも張り切った様子。通されたロビーは一番古い建物で大正時代のもの。クラシックで景色もよく、いい雰囲気だ。

DSC00716部屋は本当は本館の歴史的な部屋に泊まりたかったが、まだプランに出ていなかったので別館のコンクリート棟の部屋に素泊まり。DSC00728特に特徴もない部屋だが見晴らしはいい。リニューアルというほどでもなく、部分部分を補修してそのまま使っている感じ。

早速温泉へ、期待していたレトロな風呂は入浴できなかったが、大浴場もなかなかよかった。かけ流しで結構な湯量で投入されている。気持ち良い。すこし温度調整がこなれていないのか?入浴するたびに、熱かったり温かったりした。

DSC00816館内を散策、本館の空き室もちょっと失礼して撮影。すべてベッドルームに改修されて、古さと新しさがミックスされている。機会があればこの本館の部屋に泊まってみたい。歴史を説明した資料室もある。
DSC00759

入口・ロビーの上の部屋は客を入れておらず、従業員で使っているようだ、本館の浴場含め、徐々に改修を進めており、来年には使えるようにしたいとのことだが、儲からないとやらないかもしれない。

夕食は、持ち込みの寿司、我々にはこれで十分満足。部屋でメールやネットをして、体が冷えたら温泉に通う、なんとも贅沢な時間だ。


三河屋旅館、大きく改装せず部分的な補修を加えつつ使えるところから使っているようだが、コロナの影響でどこまで客が増えるかが勝負だろう。

最後に入り口からロビーのウォークスルーを動画で残しておく。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です