プリンス箱根芦ノ湖

コロナ影響で外出は控えているが、結構記念日を近場のホテルでお祝い。少し奮発して芦ノ湖プリンスホテルに2食プランで宿泊。以前ディナービュッフェに来たことはあるが泊まるのは初めて。

DSCF4012ホテルは晩年の村野東吾の設計。チェックインロビーは天井が低く地味な色合いで、シンプルな平屋っぽい空間だ。

DSCF4002そこから客室棟に向かう途中のメインロビーは全く別空間が広がる。このメリハリによるインパクトはさすがなもの。直線と曲線、狭い・広いのメリハリ。完成時に87歳の辰野金吾とは思えないモダンで攻めた設計だ。

DSCF3991DSCF3950部屋は安いガーデンビュー。ガーデンビューだがビューとはいいがたい。まあ外でうろうろするので部屋のビューは要らない、と自分い言い聞かせるが、やはり芦ノ湖や富士山のビューは素晴らしいに違いない。どうせならもうちょっと奮発しても良かったかもしれない。部屋のコーヒーは有料、ベッドは広くとても快適だった。ケーキ付のプランだったため、喫茶でお茶をする。

DSCF3962この日は天気が良くとても気持ちが良い。この素敵な空間や建物がとても映える。イタリアのコモ湖のリゾートをイメージして作ったとのこと。DSCF3965

あらゆるシーンが絵になる。あまりに気持ちがいいので、レストランの外のテーブル・ベンチでPCしながらのんびり過ごす。DSCF4092

左は館内図、部屋はオレンジ色の棟の3F。さて、お楽しみの温泉へ向かうがとても遠い。緑の大浴場まで歩数を数えてみたら、部屋から400歩!大浴場は一戸建ての立派な温泉施設といった感じ。お湯は塩素がきつめでプール的だが、広々していて気持ちが良い。以前は男湯と女湯が逆だったように思う。

天気が良ければ浴槽からも富士山が見えるがこの日は午後から急に天気が悪くなり、富士山は眺められなかった。

DSCF4063DSCF4050DSCF4054夜はメインダイニングのル・トリアノンでフルコース。一応結婚記念日ということで。。。
プリンスの中でもここは最上クラスなので、料理は素晴らしかった。以前泊まった万座プリンスと比較してしまう。。。
オマールエビのパイつつみやメインのステーキも本当に素晴らしい味だった。デザートには感謝の言葉を入れてもらう。その時、ふと今年で結婚25年、銀婚式であることに気づく。それはもっとお祝いしないと!!危なくスルーするところであった。もうママと一緒に25年。人生の半分。本当よくまあ続いたもんだ。

夕食後、レストランの責任者らしき人と会話。このレストラン、昨年の台風で大きな被害を受けて長らく休業していた。芦ノ湖の増水で水没したのかと思っていたが、日頃は枯川のタコ川が氾濫して、土砂がガラスを破って流入したらしい。写真を見せてもらったが床一面が泥まみれ。改修に1億以上かかったとのこと。他にも建築の話や、建物の総工費が予算の3倍かかった話など、楽しく聞かせていただいた。

DSCF4107DSCF4100朝食もコースで手が込んでいる。朝食の充実度も、これまで泊ったホテルの中でもトップクラスの内容だと思った。

優雅な朝食の後はひと風呂浴びて、11時まで部屋でのんびり、普段にはない上質な時間を過ごすことができた。機会があれば、次回は芦ノ湖ビューで利用したい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です