強羅環翠楼

DSCF1975ハルキの誕生日、近くの強羅環翠楼でお祝い。コロナ禍ではあるが離れ中心の宿で部屋食なので3密にはならないと判断。以前から興味はあったが料金が高く、なかなか行く機会がなかったが、格安プランを発見。このコロナ禍で客足も減り、宿の経営も苦しいだろう。近場の温泉宿の支援も兼ねて利用することにした。

DSCF1996強羅環翠楼はもともと三菱財閥岩崎家の別荘だったもの。強羅の広大な森の中に数棟の離れを増築した小さな宿。旅館に泊まるというより素敵なお屋敷にお邪魔するといった感じ。

部屋は一昭亭1Fの木立の間。シンプルな部屋だが風格はある。

DSCF1984DSCF2082安いプランなので贅沢は言えないが、機会があれば晴旭や松といった、意匠の良い部屋に泊まってみたい。ちなみに部屋には鍵がない。今時珍しい。隣の部屋の人は鍵がないためチェックイン後にキャンセルしたようだった。夕食は仕込んでいただろうに、こりゃ宿も痛いだろう。部屋の茶菓子はちもとの湯餅、高級旅館の定番だ。この湯餅が大好き。

DSCF2005内湯は部屋から数歩の所。とても風格のある湯屋でクリーンな自家源泉の湯がかけ流されている。湯はぬるめで実に気持ちが良い。とても気に入ったので何度も通った。

DSCF2071

もう一つ、少し離れたところに露天風呂がある。ここの風呂も実に気持ちが良い。新緑が映えて緑の空間に包まれる。秋は紅葉がさぞきれいに違いない。

DSCF2121夕食は部屋食で弁当になっている。コロナの影響で部屋への仲居の出入りは最小限にしているようだ。特に凝った料理はないがどれも美味しくいただけた。大きなキンメダイの煮つけが豪華だった。DSCF2123

念願の強羅環翠楼、思いの外こじんまりとしていて、他の客に出会うこともほとんどなく、家族的な雰囲気の中でリラックスできる宿だった。しかしコロナで客が減る中、今後高級路線で行くのか、外国人客も来ない中、なかなか難しい経営状況ではないかと思う。古き良き日本の風情が残る長く続いほしい宿だ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です