三養荘

IMG_20190916_165232IMG_20190916_165445結婚祝いにプリンスホテルグループの高級旅館、伊豆長岡温泉の三養荘に泊まる。ママが兼ねてからチェックしていた宿。日頃は2食で4~5万円する宿が、素泊まりのプランが出ていて、登録文化財の松風の間が3人で一人¥8000と超お得だった。IMG_20190917_063719

しかし驚くほどに規模の大きい宿、敷地面積3千坪、見取り図を見ても何がどうなっているのかなかなかつかめない。旧岩崎家別邸の松風や老松の部屋、村野藤吾が設計した客室やロビーなど、見どころがたくさん。

IMG_20190916_151933IMG_20190917_072915松風の部屋は本当に素晴らしい。岩崎別邸の居間だったこの部屋は、本間10畳/次の間8畳、そして広大な広縁、とても解放感があって素晴らしい。

古い建屋をきれいに維持している。三養荘の通な人はこの松風を指定してくるらしい。部屋風呂がないが大浴場は近いので問題なし。

IMG_20190916_155851IMG_20190917_073857部屋の広さ、意匠などもさることながら、広大な庭園のベストポイントを独り占めできる贅沢。左は庭園から見た松風の間。

部屋の縁側から外に出て、広大な庭園を散策、そして部屋に戻り美味しいお茶で一服、素晴らしい。素泊まりにも関わらず、結婚記念のプレゼントが用意されていて、こういった気遣いがとてもうれしい。

IMG_20190916_154955-2と、贅沢気分を味わいつつ、素泊まりなので、夕食と朝食は近くのスーパーに散歩がてら買い出し。寿司と揚げ物とビールで乾杯!松風の間が我が家になったような錯覚。

大浴場は伊豆長岡温泉のシンプルな湯。かけ流しでは無いようだが、ほとんどの部屋にかけ流しの内湯がついているので利用者も少なく、気持ちよく利用できた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です