2017帰省

今年はハルキの受験のため、パパが一人大阪のバーバの家に帰省する。少しでも費用を抑えるため青春18キップを利用。新幹線で帰るより片道1万円近くの差額は大きい。数日前にチケット屋で残数3のキップを8000円で購入。12月30日に小田原を出発。年末の最繁時、どれくらいの混雑なのか調査も兼ねて。

05:52小田原。品川発の東海道線熱海行に電車、小田原での乗車率はほぼ席が埋まっている感じ6,7号車付近に人が多い。熱海では06:20の島田行きへ2分で乗り継ぎ。2番線に入ったので同じホームで乗り継げる。ダッシュで乗り込んだがガラガラ、多くの人は06:43の浜松行きに並ぶようだ。浜松まで乗り通すなら3時間の行程、着席は必須。多分1本前の東海道線で並び、席を確保、次の浜松行きはもっと混むのだろう。

IMG_20171230_070327島田行の車両はロングシート。懐かしい211系鉄カボチャと313系の3+3編成だ。211系に乗り込む。インバータで無いのが久しぶり。懐かしいモーター音だ。富士駅の辺りから清水駅の区間は富士山や由井の浜など景色がいい。特に由井直前の朝日に照らされる駿河湾と富士山の眺めは素晴らしかった。

今回はちょっと軟弱に静岡から浜松まで新幹線でワープする予定。この区間の新幹線特急料金は特定区間で在来線の特急料金相当で乗れる。安い。

浜松では在来線に4分乗り換えなので7号車付近に移動。到着と同時に急ぎ改札に向かう。

IMG_20171230_08301408:32浜松発豊橋行きは幸運にも特急型の373系。いきなり特急車両が入線するので、みんな乗っていいのか、そわそわしている。6両編成で窓側の席がほぼ埋まる感じで出発。やはりゆったりしたクロスシートは快適。静岡から豊橋までが苦行区間だがワープと特急型車両で実にあっという間。

IMG_20171230_090901豊橋からは09:20発、大垣行きの特別快速、転換クロスシートで楽々に大垣まで高速移動できるお得な区間。徐々に混んできて名古屋の手前は立席ができる。名古屋を出ると、ぐっと空いた。大垣では乗り継ぎまでに24分あるので、大垣アンパンとカレーパンで早めの昼食をとる。

IMG_20171230_110723次の豊橋からの新快速の到着と供に11:12発の米原行きが入線、一足早く並んだので余裕で着席。入ってきたのは4両のクロスシート311系車。後の新快速乗り継ぎの人でやはり満席になった。まあ40分弱の行程なので立ってもなんとかなる。途中ワープしたので、まだ熱海以北からの乗り継ぎ組を乗せていない。この後の便は関東組が加わるので更に混むんだろう。大垣から米原の区間は見どころの2つめ。勾配と伊吹山の景色が楽しい。

米原では11:50発の新快速に乗り換え。3分乗り継ぎだが向かいのホームに停車しているので楽々。ただ、すでに半分程度席が埋まっていてギリだった。ゆっくりしていると座れなかった可能性大。後方に座っていたので後ろの車両に乗り継いだが、もしかしたら後ろの車両は長浜から来た車両で、前方が米原始発だったかもしれない。そのあとは余裕で大阪到着。ワープすると小田原からは7時間20分ほどの行程となった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰りは1月1日。たぶん元旦の移動者は少ないとの読み。

IMG_20180101_143019大阪から14:00の新快速に乗車。とても空いている。1ボックス占拠して悠々移動。京都での乗降もそれほどなく、楽々米原に到着。ただにわかに彦根を出たあたりから車内を移動する旅慣れた風の人数人。6号車付近に集まっているので、自分もスタンバイ。

15:30発大垣行きは311系クロスシートの4両、到着ホームの隣、7番線にダッシュで移動する。まあダッシュするほどの人はいなかったと思う。座席にはすでに3割程度は、埋まっていたが窓側確保。発車時はほぼ満席となったが立ち客は数名ほどだった。

大垣では殆どの乗客が乗り換え、1番線に階段で移動。16:11発豊橋行の新快速は立ち客も。8両編成で余裕で座れる予定だったのだが少し誤算。大阪方面の階段に降りたのが失敗だったかもしれない。新快速の後よりが階段なので大阪側階段を降りると最後尾の車両になってしまう。そこにみんななだれ込む。前に移動しようかと思ったがまあ着席できたので良しとした。

新快速は岐阜、名古屋で空いてきた。大阪から乗り継ぎに余裕がないので混んでいるとトイレが厳しい。豊橋行きの新快速はトイレが一番後ろと後ろから3両目にあり、そういった意味では後ろでよかった。。。

IMG_20180101_181939豊橋では17:42の浜松行きに乗り継ぎ。2分乗り継ぎの便だが、新快速の到着が5分程度遅延。接続が心配だったが、ちゃんと接続して3分遅れで発車。車両は313系のクロスシート6両。この区間はほとんどクロスシートのようだ。4割程度席が埋まっていたが乗り継ぎの乗客はほぼ着席できた。

IMG_20180101_181944浜松には3番線に到着、向かいの4番線に18:26発の興津行きが停車しており楽に乗換。興津行は313系と211系の3+3、6両編成ロングシート。空いていて乗車率2/3割といったところ。313系が断然快適だが、残り少ない211系に乗る。ロングシートは空いていると足が組めるのでリラックスできる。

IMG_20180101_201050静岡ではすぐに乗り継げば、20:03初の熱海行だが、夕食の休憩時間を確保するために20:20発のホームライナー沼津8号を利用。休日も走っているライナーだ。373系の特急車両に320円で利用できる。

IMG_20180101_201147ただ元旦で開いている店は少なく、吉牛でさっさと夕飯済ませて乗り込んだ。やはり特急車両は快適、320円の価値あり。普通列車より20分ほど速達で沼津駅で20:03に先発した熱海行に追いつく。この日は沼津に2分遅れで到着したが接続した。

沼津からの熱海行きは7割の着席といったところ。遠距離乗ってきてお疲れの男性ばかりといった雰囲気。その後熱海で乗り換えて小田原到着は21:49、大阪を14時に出て約8時間。電車好きには余裕の行程である。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です