インド再訪

IMG_20171130_085806約10年ぶりのインド。空気がもやっている。野焼きのような鼻を突く化学物質のようなにおいが立ち込めている。PM2.5は1立方メートルあたり2000マイクログラム近くになり、日本の基準の30倍に近い。マスクが手放せない。10月から3月位は空気がよどみ、特にひどいそうだ。IMG_20171128_184424

デリー空港内は見違えるほどきれいになった。以前はセキュリティーを出たとたんに物乞いや、外の敷地内には寝ている人が多数で強烈な印象を覚えたが、銃をもった軍人が巡回しており、とてもきれいいなっている。

IMG_20171129_121041デリー市内に出るとやはりいつものインド。4車線道路だが関係ない。隙間があれば入り込んでくる。クラクションをよく鳴らすが、「割り込むよ」とか「気を付けて」といった感じの合図的な使い方もしている。日本みたいに怒って鳴らすだけではない。信号機は少ない。IMG_20171129_124319あってもあまり意味がないのかもしれない。大型交差点はロータリーも多く、神業のように入り込みぬけていく。バックミラーをたたみ車間5cmの世界だ。自分は絶対にインドでは運転できないだろう。オートリクシャーや大衆車のアンバサダーも健在。

IMG_20171129_161341レッドフォート近くのオールドデリーには、これに人やバイクや人力車や牛や犬が入り混じって、ますますごちゃごちゃの様相。騒がしくて、うるさくて、活気があって、実に面白い。

IMG_20171129_162527一人で歩き回りたいが、スーツではだめとか、夜は危ないとか、日本人は見慣れないので何が起こるかわからないとか、あまり勧められない。インドは中国とは仲が悪いので中国人は少ない。インドは最近親日なので東洋人というと日本人(金持ち)を想起するらしい。

IMG_20171201_140930牛も普通に歩いている。この牛、すべて飼い主があり、夜は決められたねぐらに帰るらしい。ただの野良牛ではない。

インドはここ10年で所得も上がり、乗用車が爆発的に増えている。IMG_20171129_152841昔はバイクに家族5人乗りもざらにあったが、最近は減っているらしい。また高架鉄道の建設が進み(?)渋滞の緩和に向けて取り組んでいるようだ。その高架鉄道、乗れるか?と聞いたが、勧めないとのこと・・・

IMG_20171130_134420こちらはムンバイの市街風景。ムンバイは港町で海風があるので空気は格段に良い。開発の進む近代的なビルと昔からのスラムが入り混じってモザイク状になっている。ここも渋滞はひどく、世界遺産のダウンタウンには渋滞で身動き取れなくなるので、行くことができなかった。

IMG_20171130_150335スラムはムンバイの方が目に入った。河川岸はゴミの山。木製の牛車も現役。

IMG_20171130_144044とは言っても屋根にはパラボラアンテナがずらりと並んでいて、手にはスマホを持っている人が多い。人々の表情に暗さはなく、今の人生を自然に受け入れ、苦しいが自然に生きている感じがする。

IMG_20171130_134700豪華なホテルロビーやオフィスビルとのギャップが激しい。カーストがどうなっているのか気になっていたが、表向き廃止されているが根強く残っているらしい。名前ですぐわかるとのこと。掃除専門の人、お茶出し専門の人、明らかに区別されている。ITのみカーストは関係ないそうだが、名前でわかるので、スタッフ同士は色濃く意識しているらしい。カーストから抜け出すため、イスラムや仏教に回収する人もあるとのこと。

このカーストによる身分差別、なぜ暴動や反乱につながらないのか気になるが、ヒンズー教では、今の人生を全うに生きれば、次は一つ上のカーストで生まれ変わるとの教えだそうだ。今の人生を自然に受け入れられるのはそういったところからなのだろう。

IMG_20171129_131630最後に、インドのカレーはうまい。私は大のカレー好きで3度の食事をカレーでもいい。ベジタリアンが多く、ベジタリアン向けのカレーも実にうまい。チャツネやスパイシーなナン、マサラティーも最高。大量のレトルトカレーを買い込んで帰途についた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です