芸備線・福塩線

IMG_20171025_053041平日の広島。福山までの道中、念願の福塩線に乗車。芸備線から三次・福塩線を経由して府中まで直通する鈍行に乗車。広島5:43発、府中9:31着、4時間弱の鈍行旅。

広島は2両編成で前方が府中行、後方備後庄原行。広島出発の時点で三割程度の乗車率だが、途中駅で徐々に増え続け、三次までドンドン増え続ける。学生が多い路線。対向は朱色のキハ40で3両から5両編成が続々走っている。広島への通勤路線だ。芸備線の車窓は田舎で平凡。線路規格は比較的よい。分水嶺が分かり難いが、霧の立ち込めた向原駅で下り坂になった。

IMG_20171025_081751三次で府中行は空くかと思ったが、学生で満員になった。塩町で半分降りるがまだ満席。ここら先の線路は規格が低い。カーブ・徐行区間がしばしば。IMG_20171025_091228線路にも草が生えている。途中の吉舎駅で学生は全員下車。一気に人はいなくなり車内は5人だけ。ここからますますカーブ、徐行区間、勾配がきつくなり、実に閑散としたローカル線風情が楽しい。

IMG_20171025_085201吉舎駅から先は1日に200人も利用しない区間で、廃止検討されているだろう。この地域では三江線もまもなく廃止、備後落合から新見方面も1日3本程度、この辺のローカル線はどこも厳しい。途中の備後矢野駅はいい雰囲気だった。

IMG_20171025_111542府中駅からは電化区間で黄色の105系3両編成。約4時間の行程はあっという間だった。特に吉舎と備後矢野間は印象に残る路線だった。

終点の福山駅で名物弁当を購入して帰京。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です