耕耘機導入

DSCF4347週末農業、1反の畑は手作業では手に負えないので、とうとう耕耘機を導入。新車の軽トラ買って、小屋の材料はすべて新品、おまけに耕耘機も新車、これでは農業収支どころではない。購入したのはホンダのサラダFF500、ママも扱えるようにとのことで安全そうなフロント耕耘で、ローターの歯は正反回転方式、マニア心をくすぐる。

ちょっと使ってみた感想は、パワーは十分。直進性も良くきれいに耕せる。取り回しも楽で作業が楽しい。培土器をつけると初心者でも畝たてがきれいにできる。燃料の持ちも良さそう。一方で、固い土壌を深く耕すには、前面が浮いてくるので、ハンドルを持ち上げ前を沈めるように力を加える必要がある。正反回転による雑草の粉砕を期待していたが特にそういった効果はなさそう。ローターの機構が複雑、かつ防水仕様でないので、まめにローターのメンテナンス(掃除とグリス入れ)が必要。特に湿った草や泥などを絡めると痛めそう。構造上ローターと培土器の距離が離れるので、畝の端は手で整える必要がある。

まだ使い始めて数回だがトータルでは満足。耐久性やメンテ性などを長く見ていきたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です