駒の湯山荘

DSCF4141今年はハルキが受験なので、近場で2泊のプチ温泉旅行に出かけた。1泊目はお宿ネットのポイント消化のため湯檜曽の保養所へ。2日目は魚沼近辺の棚田を巡って駒の湯山荘に向かう。

魚沼近辺の棚田は見事な景観が多かった。写真は星峠の棚田。ここは観光資源にもなっているので、活性化されている田んぼ化と思うが、道中使っていない棚田が沢山あった。担い手不足は深刻のようだ。このままでは近いうちに棚田はなくなるのではないかと感じる。確かに、わざわざこんな条件の悪いところで稲作しなくてもいい。 

DSCF4225本日の宿は駒の湯温泉の駒の湯山荘。兼ねてから一度行きたかった秘湯。やっと夢がかなった。

DSCF4176もっと山小屋風な質素な宿を想像していたが、とてもきれいにしている。

DSCF4212随所に花なども飾ってあり、気持ちが良い。私より少し若そうなご主人と奥さんが家族で切り盛りしている。

DSCF4172部屋は見晴らしのよい角部屋、2方が窓なのでとても解放感がある。谷の川や滝、山並み、湯に通う人をぼーっと眺めながらくつろぐことができる。この開放感がとても気に入った。

DSCF4159さっそく湯に。この宿は河原の混浴露天風呂と、2つの内湯、2つの家族風呂があり、湯めぐりが楽しめる。14時過ぎについた我々は混まないうちに露天風呂に急行。だれも入浴していなかった。

この露天風呂、ぬるめの湯が大量にかけ流されている。泡T気が多く、硫黄匂もあり、パパの大好物な泉質だ。白骨温泉の泡の湯に匹敵するアワアワ・ザブザブのかけ流し温泉。湯につかると温水プールくらいの湯温、超長湯できる。体中アワアワになり、全身泡マッサージ状態。お湯はクリーンそのもの。何時間でも浸かってられる。最高に気に入った。

DSCF4183DSCF4185他の湯も基本、ぬるい源泉と過熱した上がり湯で作られている。湯屋のつくりもよく、どの風呂に入っても大満足の泉質・風情である。

DSCF4189DSCF4195ただ、河原の湯と内湯は源泉が異なる。その内湯の源泉は、悪くはないものの少し泥臭い香りがあり、湯の投入方法の違いかと思われるが、泡付きが少ない。パパはダントツ河原の露天風呂が気に入った。何度も何度も河原に通い、延べ入浴時間は6時間ほど。

部屋にはテレビもなく、家族で会話して、囲炉裏の火を起こしたり、まったり時間を楽しむ。

DSCF4199DSCF4204夕食がまた想定外に良い内容。漆塗りの歴史的なお膳に地の食材が並べられる。ママは魚料理に配慮いただけた。パパはユッケがとても気に入った。さすがに飲み物は高かったが、ゆっくり楽しむことができた。

DSCF4206部屋に帰ると灯油ランプに火が灯っていた。自家発電のランプと灯油ランプが1本づつ。ぼんやりともされる部屋の雰囲気も良い。

もう一度河原の露天に行こうと思っていたのに、家族みんなで布団に寝ころんでいるうちに、全員歯磨きもせずに寝入ってしまった。それだけ、気持ちのよい時間だったのだろう。

DSCF4211翌朝は5時前に起きて、ママと露天風呂に。早朝の露天風呂を堪能。朝食も充実した内容で、大変満足。

梅雨明け前で天気は今一つだったが、虫も少なくこの時期はゆっくり湯につかるには良い時期なのかもしれない。ぜひまた訪れたい温泉だ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です