九州一人旅行(その1)

ANAのポイントとマイレージが有効期限切れになる。ママが一人で行ってきたら?、と粋な提案してくれたので、パパの一人九州旅行を決行。以前から乗りたかった肥薩線を踏破しつつ温泉を巡る。DSCF1773

一日目は金曜日の仕事を早々に切り上げて、そのまま羽田空港から別府温泉へ。ANAラウンジで一人ビール、のんびりした時間がスタート。

大分行きのソラシドエアーは定刻で運行。大分空港から鉄輪温泉が少々行きにくい。今回は観光港でバスを乗り継げたが、バス路線は多いものの、便数はそれほど多くないので、乗り継ぎは考えないといけない。。

DSCF1776山が迫りあちこちで湯気が上がる風景はやはり面白い。地獄通りを歩くが、時間的にはすでにクローズ、というか開いていても、一人で入るつもりはないが。。。

DSCF1799宿は鉄輪温泉の夢月。ちょっとおしゃれで少し高めの旅館だが、素泊まりかつ楽天の割引があって、5000円で泊まる。家族風呂が沢山有るので湯めぐりが楽しい。温泉は単純温泉のようだが、うっすらと独特の良い香りがする。湯温が高く、かけ流し量が少ないのが少し残念だが、これだけ浴槽があれば湯はそれほど劣化はしていないと思う。
DSCF1785フロント横にビールサーバーがあり、湯上りに飲み放題なのがうれしい。

食事は節約。夜食に出るおにぎりと、コンビニで買ってきたハンバーグのおかず。それと部屋に持ち込んだビール。一人でぶつくさつぶやきながらの静かな夜ごはんだ。。。

DSCF1809DSCF1807翌日は別府から日豊線で熊本に出て、念願の肥薩線で霧島に向かう。

九州横断特急は指定席はそこそこ埋まっているが自由席はガラガラだった。阿蘇駅まで外国人が多い。

DSCF1829観光特急なのでアテンダントが要所要所で説明してくれる。記念写真を撮ってくれたり、記念スタンプを押したり、イベント満載。

DSCF1848車窓は阿蘇のカルデラに入ると雄大な景色が楽しめる。立野のスイッチバックも楽しかった。後方のビューは鉄の皆さん(仲間?)と取り合い。

ここを訪れた1週間後に熊本地震が発生。今はこの区間は通れない。おそらく復旧も厳しいだろう。1週間遅かったら・・・複雑な気分である。

DSCF1878DSCF1867熊本で40分あるので駅のラーメンで昼ご飯。濃厚なスープと焼きにんにくが美味しかった。その後人吉行きの快速に乗る。この快速、新八代まで止まらない。古いキハ47が電車並のスピードで快走する。ただ、肥薩線に入ると途端にスピードダウン。多少遅れているので回復運転で少々荒っぽい。
川沿いの車窓は楽しいが、高山線などと比べると、思いのほか短い印象だった。以前立ち寄った一勝地駅などを通過していく。なつかしい。

DSCF1888DSCF1889人吉からは、観光列車の「いさぶろう」に乗り換え。ほぼ満席。座席指定マークがあったが、全席ではなかったのでそのまま乗り込んだ。結局車内はほぼ指定席で、自由席がどこなのか探し回る人が多数。

DSCF1903一部のロングシートと板の腰掛の部分だけが自由に座れる。車内は中国系の人が半数程度。中国語で賑やかだ。このいさぶろう、普通列車より所要時間が長い。スイッチバックやビューポイントでしばしば停車する。各駅では地元の物産販売もあって、駅にも10分程度止まる。観光ツアーに参加しているようだ。車掌のアテンダントも盛り上げようとトークが弾む。静かな列車旅ではないが、これもこれで楽しい。左は大畑駅(おこばえき)のループから駅を見下ろしたところ。雄大な景色だ。

DSCF1948DSCF1947吉松から先の「隼人の風」は「いさぶろう」と同じような列車だが特急料金が必要。霧島温泉駅まで乗る。周りは「いさぶろう」に増して中国系の人だらけ。とにかく賑やかだ。

霧島温泉駅からはバスで湯之谷山荘に向かう。バスに乗り込んだのも半分は中国系の人。。。なんだか一体どこを旅行しているのか・・・といった気分になる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です