甲子温泉・大黒屋

やってきたばかりのひよこは知り合いに預けて、秘湯の会のスタンプラリーに。パパの秘湯スタンプは10個全部揃ったのだが、ママとハルキがあと3つ。1泊招待に向けて秘湯の宿を3件ハシゴする。

P1140579以前から行きたかった甲子温泉・大黒屋。ちょっと値が張るので敬遠していたが、思い切って宿泊。

旅費はとことん絞って、青春18きっぷで行く。朝7時37分の宇都宮行。小田原から1本で行けるなんて便利になったものだ。3時間半近くを乗りとおす。旅費をとことん絞るなんていいながら、グリーン車に乗ってしまう。。。小田原駅で仕入れた巨大なブリオッシュを皆でほおばる。

DSCF2496DSCF2554新白河からは送迎バス。途中雪割り橋に寄って阿武隈川を見物させてくれた。

3時前に到着。雪は例年になく少ないとのころ。普通はまだ1m近くあるとのこと。立ち寄り湯は3時までなので、ちょうど入れ替わる時間。

DSCF2501建物は鉄筋3階建てで秘湯感は無いがきれいにしている。部屋も広々としていて気持ちがよい。

DSCF2521早速大浴場へ。風呂は対岸の川沿いにあるので、階段を下りていく。100段近い、お年寄りは通うのは無理だろう。

DSCF2547階段を降り切ると、対岸に大きな湯屋が見える。川を渡って向かう。このアプローチが期待感をMAXに増幅。この湯屋の下から温泉が湧出。もう少し上流のところにも源泉施設のようなものが見えた。ただ雨だったり吹雪いたりすると、ちょっと行きにくいだろう。

DSCF2543DSCF2544大浴場は本当に素晴らしかった。イメージ通りの広さと湯量だ。足下からの湧出するぬるい湯と上からの投入する熱い湯のミックスになっている。深さは1.2mほどあり、かなり深い。

ところどころで温泉ガスが湧きあがり、ぷくぷくしている。ぬるめの無色透明の湯が満々とたたえられている。岩手の鉛温泉の白猿の湯を思い出す。泉質的にも似ていると思うが、白猿の湯を少し浅くして5倍ほどに広げた感じ。ぬるめの湯がとても好きだ。湯口のあたりでじっとしていると、ほんのりと泡付きがあり、やわらかい湯に包まれた感触も少し味わえる。

DSCF2513夕食は食事どころで。内容は満足だった。まあ1.6万円の宿代からすると少しシンプルだったかもしれない。DSCF2518ただ、野菜が多めで味付けも良く、バランスの良い食事といった感。

メインの牛肉の蒸し物がとてもおいしかった。上等な牛肉を、しかもたっぷり盛ってあり、大満足。焼き魚も焼きたてが運ばれてきた。デザートも2品で良い内容だった。

DSCF2529大浴場は夜の19時から21時は女性タイム。その後23時までのんびりつかることができる。さすがに100段近い階段で通うのは大変で、夜になるとほぼ貸し切りの状態。広大な浴槽に満々と満たされるぬるゆに一人浸かる。聞こえるのは川と温泉の流れる音だけ。遅れてやってきたハルキものんびり浸かってご満悦の様子だった。甲子温泉、再訪したい温泉の一つになった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です