湯河原温泉

DSCF8922DSCF8872ハルキが修学旅行の週末。ママと2人で湯河原温泉へ。金曜日に2時間年休を取って、会社から湯河原に直行。会社帰りに温泉、なんだか少しワクワクする。

以前から一度泊まってみたかった上野屋。金曜日の当日に空室を見つけ予約。国登録文化財の宿で、木造2F/4F建てのレトロな旅館だ。ママは先にチェックインして一風呂浴びている。送迎はないので、ママに湯河原まで迎えにきてもらった。

DSCF8918館内は期待通りのレトロな雰囲気。きれいに維持されており、階段や床はピカピカ。泊まったのは本館4Fの客室52番。この宿でも良い部屋の一つだろう。

DSCF8899本館4Fには家族風呂が2室あり、今日は空いているので自由入浴だった。部屋からすぐなのでとても便利。どちらも半露天になっていて気持ちが良い。先に入っているおじさんたちの声がよく響く。

DSCF8909左は大浴場。パパはこちらも好き。湯は無色透明で、ほんのりと温泉の香り。石灰分が多いためか、湯口に析出している。源泉は熱めだが、適温に調整され、かけ流されている。

何度も何度も湯に通い、館内を歩き周るが、あまり人に合わない。別館には風呂付の部屋があり、追加料金を支払えば部屋食にもできるので、お篭りさん?にはよいだろう。

DSCF8877本館5F?には休憩所と足湯がある。たぶん以前は特別室だったのだろう。見晴らしがよく気持ちが良い。夜は誰も来ない足湯を独占。ゆっくり読書を楽しんだ。

DSCF8902食事は季節のものを使ったヘルシーな内容。冷酒片手に、ゆっくり楽しむことができた。
上野屋、とてもリラックスできて良かった。また再訪したい。

DSCF8928
湯河原の温泉街は、箱根同様、首都圏から便利なので、もっと賑わっているのかと思っていたが、寂れた雰囲気は否めない。箱根のように若者を取り込めていないのだろうか? 少し前までは風情のある大型老舗旅館が残っていたようだが、今や数件しか残っていない。旅館街の奥では老舗旅館が取り壊されて、リゾートホテルが建設中だった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です