稲刈り2014

DSCF8176今年から0.6反程度の個人田んぼ(左は9/18の様子)。田植え後はママが水管理や草ぬきをやってきた。初めての個人田んぼだが、台風の影響も無く、倒れる稲も無く、とても順調に生育。今年の稲刈りは9/28に実施。

DSCF1321これまではグループ田んぼだったので、段取りや機械の手配はすっかりリーダー任せだったが、今年は自分でやる必要がある。要領を得ず不安になるが、前の田んぼのリーダーに軽トラックを借りて何とかやりくりした。

バインダーで稲刈り。扱いにもなれて、きれいに刈り取れるようになった。きれいに刈れば、稲に泥がつかないし落穂の整理も楽。後半は余裕が出てきて、ハルキもチャレンジ。なかなか上手い。

DSCF1325しかしこのバインダーでの刈り取り、思うようにコントロールするのに、結構力が要る。翌日はやはり少し筋肉痛に。刈った稲は竹のハザにかけていく。約1週間天日干しにしたが、雨にも当たらず、最高のコンディションで乾燥させられた。

DSCF1332続いて脱穀作業。脱穀機(ハーベスター)の運搬に、またまた軽トラックを借りる。頼りきりで申し訳ない。翌日は台風の予報なので大急ぎで脱穀。午前で終わると思ったが、意外に多くて3時頃までかかった。

翌日は予報どおり大雨。前日にすべて済ませて本当によかった。機械小屋で籾摺り作業をする。豊作でほぼ畝取り達成。恐らくビギナーズラック。早速新米をいただいたが、甘み、歯触り、香り、全てにおいて最高だった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です