国見温泉

DSCF0265一度行ってみたかった緑色の温泉。以前志賀高原の熊の湯で緑のお湯に驚いたことがあるが、ここはもっと濃厚らしい。

朝6時30分に家を出発して、ママと運転交代しながら盛岡には13時過ぎに到着。約600kmの行程だが意外にすんなりと到着した。早々にチェックインしてゆっくりする。

宿は古いが、明るく開放的で、風通しもよく好印象。部屋からの眺めもなかなかなもの。周囲は秋田駒ヶ岳の登山者でいっぱい。

DSCF0290

早速露天風呂へ。濃い緑色の温泉はイメージ通り。香ばしい硫黄の香りが濃厚、湯船の底には大量の湯の花が沈殿していて、かき混ぜると緑白色になる。メロンソーダのアイスクリームが溶けたような感じ。

あまりに湯が濃厚なので長湯していると疲れてくる。皮膚がひりひりしてきて
かさついてくる。きっと体の表面の雑菌類は完璧に殺菌されているだろう。

DSCF0280

内湯も濃い緑だが、こちらは湯の花は沈殿しておらず、きれいな緑の透明。
とてもクリーンで気持ちの良い湯だが、温度が高いので、パパは長湯できない。とにかくパンチの利いた湯だ。

DSCF0274
食事はまあまあの内容。山の宿らしくキノコが多く、ハルキはちょっと困ったかな? 秘湯の宿にしてはCPは良いのではないかと思う。

翌朝は暴風雨。こんな天気でも山に登っていく人がいるので驚きだった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です