こんにゃく作り

DSCF9092

家の裏で自生しているこんにゃく。崖っぷちで崩れそうになっているところの1本を収穫。以前この場所では1.5kg近い大物が収穫できたが今日は650g程度で適度な大きさだった。

DSCF9102早速こんにゃく作りに着手。かゆくなるのでゴム手袋を装着。たわしでごしごし洗い、根が出る部分を削る。こんにゃく芋の3倍程度のお湯(50度程度)を沸かし、そこに摩り下ろす。

DSCF9109以前にも書いたが、このこんにゃくの香りがトロピカルフルーツのような。その後は火にかけながら練る・練る・練る。汗が出てくる。
DSCF9114
粘りが出て、灰色になってきたら、火にかけたまま炭酸ナトリウム(20gを50ccの水に溶いておく)を投入する。投入するとモロモロに変化する。香りも一気にこんにゃく匂に変化する。そのまま固化してしまわないように急いで混ぜる。だんだん固くなってくるが、ここでよく混ぜないとむらが出るので頑張る。そしてタッパーに入れて冷やすと固まる。

DSCF9116DSCF9118固まったこんにゃくを切り分け茹でて完成。茹で汁と一緒に冷蔵保管する。

出来たてのさしみこんにゃく、サクサクした食感でおいしくいただきました。

残りは小田原おでんのお供に。楽しみ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です