もちつき機導入

DSCF0520DSCF0516

今年はもち米も収穫。分け前が14kgもあるのでかなり食べられる。早速もち関連の機器を導入。

導入したのはエムケーの餅つき機「かがみもち」(RM-10SN)。ママが色々比較してこれに決めたようだが決めては不明。もち米の蒸しからつきまで一連の作業がこれ一台でできる。他にもおこわやうどんの練りもできるようだ。ただし蒸しの水分量は一定で、もちの固めや柔らかめなどのきめ細やかな調整はできないようだ。

それからもう一つ、熱いもちを簡単に切り分けられるエムケーの「もちカッター」も導入。パパはこの装置の効用には多少?だったが、ママが導入判断。ママはこういったアイテムが結構好きだ。

DSCF0524早速一升分のもちを作ってみた。もちの表面に打ち粉をして、もちカッターにどかっと入れる。スペックでは一度に三升まで作れるみたいだ。右手のハンドルを回すと、グニグニと左の蛇口?からもちが出てくる。それをレバーで切って打ち粉をまぶし形を整える。なかなか面白い。3秒に1個程度のペースでどんどんできていく。熱々のもちを手で分けていく事を考えると画期的な装置だと思える。

DSCF0526今晩は出来立てのもちでパーティー。のり・おろし・ずんだ・あんこを用意して、たらふくいただいた。つきたてのもちは格別だ。
DSCF0533
後始末が心配だったが、少しもちを乾かすとパリパリとはがれて簡単に掃除ができた。

もち米はまだまだある。これからは、もちパーティーが我が家のイベントに加わりそうだ。

<追記 2013.11.2>
DSCF9054

出来立ての餅で餅パーティー第二弾。今回は、あんこ、ずんだ、きなこ、くるみ、エゴマ、エビ、納豆の7種類で餅のフルコース?に。つきたての餅はやはり美味い。もちカッターならではの楽しみ方でもある。

しかし、これだけ食べると腹持ちが良く、翌朝もおなかが空かないのが面白い。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です