Finepix F30の修理

DSCF0493長年使ってきているFUJIFILMのFinepix F30。発色が良く、感度が良く、電池の持ちも良くて、非常に重宝しているカメラ。しかし、最近ゴミが沢山写るようになり、霧の芦ノ湖の写真も左のような有様に。ネットで調べるとCCDに埃が付着しているようなので、分解掃除を試みた。

DSCF9024老眼のパパには、小さなねじを扱うだけでも肩がこる。三又の特殊なねじが一部あったが、細い精密ドライバーをねじ込み何とか外す事ができた。

基盤のネジは4箇所。左側のネジは奥まっていたり、シールの下にあったりして、少々分かり辛かった。その後ケーブルを慎重にはずして基盤を撤去すると、レンズユニットが現れた。

DSCF9026DSCF9027CCDを固定している金具を外して右のとおりに。やはりCCDの表面には埃が沢山付着していた。固定レンズ機でこんない埃が付くなんて、少々構造に問題があるのではないかと思う。

掃除をして組みなおして復旧。約30分の工程だった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です