稲刈り2013

DSCF0479今年の稲刈りは9/28から。昨年より1週間ほど早いが、今年は倒れるものが多く、早めに刈り取ることになった。今年の夏は暑かったこと、台風被害も無かったことで、良く育ったようだ。田んぼによっては昨年より40%も収量が上がり豊作になった。

パパはバインダーを使って主に刈り取り係。扱いにもなれて、きれいに刈り取れるようになった。きれいに刈れば落穂の整理も楽で手間が減る。このバインダーでの刈り取り、見た感じ簡単そうだが実は大変。思うようにまっすぐ進まないので力が要る。また今年は倒れた稲が多いのでラインが読みにくく、なおさらである。一反も刈ると結構体に来る。

DSCF0506

刈った稲は竹で作ったハザにかけていく。ハザ作りやハザがけは、特にリーダーが指示しなくてもみんな自然に作業している。欠ノ上田んぼも自然なチームワークができている。

ハザがけした稲は1週間も乾かすと水分が抜けて軽くなる。それを今度はハーベスターで脱穀する。袋にどんどん籾が溜まっていくのを見ると本当にうれしい。昨年の米がまだ残っているので新米は試していないが、実入りもよさそうだ。さて今年の米の味はいかに。。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です