高知

DSCF8043DSCF8054宇和島を出発し高知方面へ。江川崎から四万十川に沿って土佐中村に出る。20年ほど前に来た時と同じ懐かしいルートだ。

今年は記録的猛暑。つい先日江川崎で41度を記録。その直後に訪問。本当に暑い。しかしこの日は35度程度だったようだ。駅前にはテレビが取材に来ていた。

DSCF8069

四万十川の水温も温水プールのよう。あゆがのびて浮いていた。連日四万十川周辺がニュースになったせいか、人が多い。土佐中村までの国道441は対向できないような細い区間がたびたびあるが、車が多くて走りにくかった。

四万十川は、人も車も多く有名観光地といった雰囲気。以前の秘境の印象はすっかり薄いでしまった。

DSCF8099DSCF8076今日は高知市内の料亭「臨水」に泊まる。

部屋は絢爛豪華な「おもいでの間」。本当はもっとシンプルな部屋でよかったのだが、空室はここだけ。少し安くしてくれたので決定。2間続きの広い部屋で、欄間や床柱が実に派手。土佐流の豪華さなのかもしれない。

DSCF8124DSCF8117料亭だけあって、料理も豪華。かつおのたたきや鯨、うつぼ、大皿料理など、土佐料理のフルコース。味や香りの確りした食材が多い。実にお酒が進む。パパ的には気に入ったが、ママには全体的に少し癖が強いようだった。

DSCF8165DSCF8175 翌朝は5時過ぎに起床して、朝の市内散歩へ。高知城は江戸時代の天守が残る重要文化財、朝早いので城には入れなかったが、良い風情だった。

高知の市電、土佐電気鉄道も面白い。営業距離が長く、西の伊野から東の後免間は66駅もある。時間があれば踏破してみたい。

DSCF8189 高知では朝市が現役だった。数十件が並び、フランスのマルシェを思い出す。地元の人が普通に利用していて、生きた朝市といった風情が良い。梨とブルーベリー、饅頭を購入した。

DSCF8197
旅館に戻ると朝食の準備ができていた。朝から大変豪華。特に朝食ですき焼が出たのは初めてだ。朝から山盛り2杯もごはんを食べてしまった。
DSCF8226
その後、せっかくなので桂浜に。さすがに盆だけあって駐車場待ちの車で渋滞。人も多く、ちら見して帰途についた。 

DSCF8210
帰りは大歩危・小歩危・阿波池田経由。この辺は山が険しく、山の上の方に集落があったりと、和歌山の山奥に似た風情で楽しかった。またゆっくり巡ることとしたい。

阿波池田では丁度阿波踊りのシーズン。町中お祭りムードだった。

灼熱の四国旅行。これにて終了。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です