電気柵導入

DSCF0387

今年は猿がよく出る。食べ物が少ないのだろうか? 春の楽しみの豆も、たびたび成長点の葉を食われて、このままでは大きくならない。庭の畑全体を電気柵で囲おうかとも思ったが、ますます見苦しくなるので、スポット電柵を試してみることにした。

豆の支柱の周りを一回り大きいトンネル用の支柱で囲って、下から60cmほどはネット、その上に20cm間隔ほどで3本の電線を巡らせた。飛びついたときにも感電するように、真ん中の線はアースにした。さて効果の程はいかに。

今日、早速通電状態にして出かけたが、その間に早速効果を発揮したようだ。第一号の被害者は我が家の厨房! 通電中と書いているのに触ってみたらしい。はじめ真ん中の電線を棒で触ったが、なんとも無かったので、今度は素手で上の線を触れたらしい。手が弾き返されて、しばらく放心状態だったとの事。相当なショックだったらしく、もう二度と触れたくないと言っている。ハルキだけの効果に終わらない事を切に願う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です