脱穀2012

DSCF0058先週ハザがけした稲の脱穀。今年は天気に恵まれたので1週間程度の干しで脱穀を実施。パパは米作り3年目にして、脱穀作業は始めて。脱穀機を操作してハザがけした稲を脱穀していく。

このマシン、非常に良くできている。本体内で大きなドラムが回転し、ドラムの突起物で稲をしごいて籾と藁を分離していく。分離された藁はそのまま排出され、籾は風洞でゴミと分別される。分別された籾は袋につめられて、一杯になるとブザーが鳴る。非常に良くできているマシンだ。(こういった農業機械の仕組み、学生時代に学んでいるはずだが全く記憶に無し・・・

DSCF0089


DSCF0062ハザもすっかり片付けられて、田んぼはすっきり。藁は円形に積んで堆肥に。田んぼは少しさびしくなった。これで今年の大仕事もおしまい。

今年の収量は全部で1200kg、まあまあの出来との事。籾摺りの後、玄米にしてグループ内で配分。我々の自給分は1年で200kg弱。さて味はいかに。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です