九十九島

DSCF8307今日は西海町から九十九島、波佐見の陶器市を巡る。朝の8時にレンタカー屋へ、ホテルの至近距離で便利。車はかなり使い込んでいそうなVitz。

佐世保方面には高速道路ではなく西彼杵半島の国道202号で北上した。途中道の駅で地の魚や惣菜を調達。平鯵の煮つけと唐揚げが一匹90円。激安だ。今日の昼ごはんとした。

道からはかつての海底炭鉱の島、池島が望めた。後で調べたところ、2001年まで操業していたらしい。数多くのアパートらしき建物がある。今はどうなっているのだろうか、軍艦島のように無人にはなっていない。船の定期便もある。いつか訪れてみたい。

P1050325DSCF4864西海橋までは途中寄り道しつつ2時間半ほど。ここは大村湾と外海をつなぐ唯一の場所、細い水道に一気に潮が集まりすさまじい流れになっている。丁度干潮の昼時に当たり、現れては消えていく渦潮が見事だった。

ここからは旧日本軍の巨大な電波塔も望める。ママが気にするので行ってみたが、施設の中には入れなかった。

P1050349佐世保を経由して九十九島の展望台(展海峰)へ。佐世保の海沿いは、ほぼ米軍や自衛隊施設で占められている。軍艦や巨大なクレーンなど、非日常的な世界だ。黙って眺めているハルキにはどう見えているのだろうか・・・ 展海峰では日差しも戻り青い海と点在する島々の見事だった。

P1050357次は波佐見の陶器市へ、ハルキは疲れて車でお留守番。広大な展示即売会場は大混雑。ママのお気に入りの白山陶器でコーヒーカップのセットを購入。訳あり品が半額、非常にお得である。

DSCF8368買い物で適度に疲れた後は、近くの嬉野温泉で汗を流した。立ち寄った元湯温泉センターは湯船が広く、多少塩素消毒の匂いがするが、換気が良いので気持ちよかった。湯は透明、入ると体がヌルヌルしてきてアルカリ性と思われる。

この嬉野温泉、温泉湯豆腐が名物。温泉水の成分が豆腐を溶かし、とろとろの白子のような食感になる。夕食は温泉センターの食堂で温泉湯豆腐定食とした。大変満足。

P1050366今日のホテルは熊本、ここから2時間ほど高速で移動する。なぜに長崎旅行で熊本か? それはホテル日航熊本と雲仙観光ホテルのタイアップキャンペーンで格安の宿泊プランがあったから。部屋も1クラスアップグレードされる。子供は添い寝で無料。GWのハイシーズンにもかかわらず、非常にお得な料金になる。我々が予約した後、このキャンペーンはHPから削除された。どうもGW中には出すべキャンペーンではなかったようだ。ラッキー。

DSCF8384ホテル日航熊本は熊本の中心街。熊本のランドマーク的な建物になっている。ロビーは豪華。欧米の高級ホテルを思わせる。部屋はコンフォートルームにアップグレードされた。

DSCF8379ハルキは「いいホテルだねえ」と関心。こういうのを繰り返していると安宿に泊まれなくなるぞ!君はいい思いをしすぎだ。

部屋からは熊本城が望める。ライトアップが美しい。

明日は城見物
のあと、長崎の雲仙に向かう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です