健康飲料増殖中

DSCF7273

前回はとても酸っぱくなってしまった米の健康飲料(どぶろく風)だが、今回は完璧な仕上がりとなった。ポイントは寒作り。気温10℃程度の寒い場所でゆっくり3週間程度かけて仕込んだ結果。シュワッとした最高のどぶろく(風)が完成。自家米、自家麹、酵母は活性生原酒から取得。

レシピ:
・米3合(2合分の水で炊く)
・麹500g(今回は多めに)
・水1.2L
・酵母は活性生原酒を100ccほど
・カスピ海ヨーグルト大さじ2杯

殺菌は今回は適当。約60度のお湯でビンを洗った後、料理用焼酎(35度)少々でビン内を軽く洗うだけ。炊き立てのごはんをビンに入れて水を追加、人肌程度の温度になったら麹を投入、続けざまに酵母とヨーグルトを投入して攪拌。ビンの口にラップを張って、ある程度ガスが抜けるように中蓋を軽くつけて寒い場所に置くのみ。1日1回ほどビンをひっくり返して攪拌。寒くても2,3日するとプクプクと炭酸ガスが出てきた。

気温が低い中ではヨーグルトの乳酸菌が雑菌より勝って、雑菌の増殖を抑えるそうだ。その後酵母が活性となり、麹が糖を作りながら、酵母が糖をアルコールに分解するらしい。その副産物が炭酸ガスということ。なかなか勉強になる。前回は気温20℃以上の場所で作ったためか、発酵は活発だったが、4,5日後に酸味が勝ってしまった。やはり時間はかかるが、仕込みは冬に限るようだ。

DSCF7276右の写真は育成中のジュニアたち。左側の3本、ウェルチベースのワイン(風)はすでに4代目。ジュースを加えれば2週間程度で何度でも飲める。ワイン風も10℃程度の低温で十分できる。雑菌の心配が少ないので安心して飲めるのが良い。

健康飲料といいながら、毎日こんなに飲んでいたら本末転倒。。。しかしやめられない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です