ガイガー計数管

DSCF6891

食品の放射能汚染を計りたく、高感度でα線、β線にも感度があるガイガー計数管(米LND社のLND7317)を購入。ポケマネ全力投球だ!。物は大きな缶の容器に収められていた。これがプロ仕様か!と勝手に盛り上がる。

DSCF6894LND7317はパンケーキ型のGM管。ステンレスの筐体にマイカ窓が設えてある。格納箱には薄いので注意と書かれている。このマイカ窓が割れたりひびが入ったりすると、中のガスが抜けてしまい使えなくなる。

早速先日作った若松通商のガイガーカウンターキットmark2に簡易接続してみた。このmark2は優れもので、設定でGM管に印加する電圧を変更できる。ひとまず475Vに設定してテスト。40CPM程度を示し、SBM-20の4倍程度となった。試しにカリウムの入っている雪塩を計ってみると、徐々に数値が上がって約50CPMに上昇。きちんとβ線を計測できているようだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です