庭の放射能20111113

senryou2LND7317で庭の放射能を測った。セシウムの可能性を見るために、αβ線を遮蔽する場合としない場合で計測。キャリブレーションが暫定的な334を用いた性か、計測結果は全般的に先日のSBM20より低く出ている。またαβ線を遮蔽しない場合は、想定どおり高めの数値となった。

特にシイタケのホダギは、同じ木で作った薪(屋根付きラックに格納)に比べて、αβ線の線量が高く出ている。雨水に打たれた結果なのか、木の中の菌糸がセシウムを吸着しているのかは定かでない。また雨水桝内のαβ線の数値が高く出た。ここに元来カリウムがあるとは思えない。セシウムなどが沈着しているのは間違いないだろう。

今度も定期的に推移を見て行きたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です