今年の帰省

P1030550

先日の京都旅行から帰省まで、一連の連続乗車券にしました。25日の京都からは関西本線で名古屋に出て小田原まで、28日は東京から信濃大町、29日は高山線経由で大阪まで。1400km/8日間有効の切符です。

P103074628日は仕事納めの後、あずさ25号で松本まで、そこから普通列車で信濃大町に入りました。着いた日の信濃大町は雪も殆ど無く穏やかな夜でした。

P1030758翌朝は6時の始発で南小谷に向かいます。宿を出ると一晩で40cm程度の積雪。さすがに豪雪地帯です。乗り込むのはE127系の2両編成。つまらない車両ですが、車内に2つだけボックスシートがあるのでうれしい。乗客はパパ一人だけで定刻出発。ところがいきなり停電。しばらくして通電したので出発するとまた停電。若いワンマン運転手が「チクショー!」って叫んでいます。パンタグラフへの着雪のようです。係員が雪を落として再出発、激しくスパークしながらも氷が取れると順調に動き出しました。しかし昨日の雪で白馬止め。チクショーはパパのせりふです。

P1030771連続乗車券で使用開始済み。経路変更もできず、やけっぱちで白馬に向かいましたが、なんとパパ一人のために代行タクシーが待っていました。このタクシー南小谷まで各駅停車。深雪に突っ込んで無人駅に寄って行きます。ある意味貴重な体験でした。

P1030777南小谷駅では50分程度待ち時間がある予定でしたが、もうぎりぎりのタイミング。タクシーの運転手は、たぶんこの雪だからこの先も遅れているでしょうと、のんき。南小谷には丁度発車時間に着き、ぱぱはホームにダッシュ!しかし・・・無情にも目の前で列車は定刻どおり走り去っていきました。次の列車は1時間40分後、この後の乗り継ぎもぼろぼろです。やはり冬に定刻乗り継ぎのプランを立てるのは無謀でしたね。右は白馬方面の線路と架線。これでは走れませんね。。。

P1030778外は大雪。散歩も不可。南小谷の待合室のコタツでゆっくり新聞を読み時間をつぶしました。次の列車も定刻。ここから先はJR西日本。非電化でディーゼルのキハ120系です。気動車は雪に強いんですね。

P1030782この路線はパパの好きな路線の一つ。フォッサマグナの険しい谷に沿って進み、殆どの区間がロックシェッドになっています。

北陸新幹線が開業し北陸本線が民営化すると、この路線はJR西日本から分断されるので、廃止されるとのうわさです。今のうちに乗っておかなければ。

P1030787糸魚川から先は419系に当たりました。ラッキー!。過去の寝台特急を普通列車に改造したものです。とても懐かしい雰囲気。いつまで走っているんでしょうね。

P1030793富山からは高山線の普通に乗る予定でしたが、高山まで行くのは4時間後。しようが無いので特急にのりました。と言っても富山まで直通する特急は一日1本のみ。

富山で焼きさば寿司とズワイガニと地酒を買い込んでちょっとリッチな昼食に。締めて1200円(安い!)です。ズワイガニは地のものを剥き身にして、かに味噌もたっぷり入ったお徳用パック。これで450円とは驚きです。幸せでしたー。

P1030804P1030813高山では1時間ほどしかないので超特急で市内観光。古い町並にはカップルと外人がいっぱい。パパはそんな中を早足で通過。きっと変な人に見えたに違いない。

最後は特急ひだ36号で大阪まで直通。以前の急行たかやまを思い出します。

P1030814気動車で大阪まで直通乗り入れって美しい。わくわくします。しかし雪の影響で徐々に遅れ、米原には20分遅れで到kisei着。遅れたJR東海の特急はJR西日本内では不遇な扱い。新快速が先発して、特急は普通列車の後をのろのろ運転。挙句の果てに新大阪では次の新快速が先発。思わず飛び降りてしまいました。

まっ、よくまあこんな距離乗ったもんです。しばらく鉄分は要らなさそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です