急遽三峠めぐり

DSCF2658

今日は3泊したリーダーアルプを後にして、グリムゼル峠経由でブリエンツに向かいます。 天気は曇り、アレッチ地区はあまり天気に恵まれませんでした。

左はリーダーアルプからムレルまでのロープウェイにある途中駅。ロープウェイに途中駅があるって面白いですね。コンクリートの塔内にエレベーターがあって、上部のデッキで乗り降りします。足元は金網で高所恐怖症の人は利用不能ですね。

ロープウェイの中で携帯メールを読んでいたら、なにやら氷河特急で脱線事故があったようですが、ムレルの駅はいたって平常。何か張り紙があるわけでもなく、ま、関係ないところでちょっとした事故でもあったんだろうなあ、と軽く流していました。

普通列車に乗ってオーバーヴァルトに向かう途中、氷河特急の食堂車が引込み線に留置されていたので、「これが脱線したんじゃない?」なんて冗談で話していたのですが、本当にこれが脱線車両の一部だったとは・・・しかも一昨日の出来事・・・
列車は何事も無くオーバーヴァルトに到着。ここでアクシデント、乗る予定の峠越えのバスが、大雨の影響で峠が封鎖されて運休となっているようです・・・

DSCF2673さて困りました。戻るのも芸が無いので急遽スーツケースを引きずりながらポストバスでの3峠めぐりに変DSCF2701更。 この辺はスイスにちょいと慣れているからの技です(自慢)。うまく乗り継げるか?夕方までにブリエンツに行けるかどうか窓口で調べて、バスの時間までは駅のカフェでコーヒーにしました。

ここで現地の新聞を読んで、脱線事故がまさに今通ってきた路線で起こったこと、死者が出たことを知り愕然としました。

DSCF2728P1020836本当にバスが来るのか心配でしたが、さすがスイス、時間通りに来ました。乗り物は日本的な感覚で安心して利用できます。

パパはポストバスが大好きです。綺麗で窓ガラスには曇り一つありません。本当びっくりするくらいピッカピカなんです。

P1020849 P1020859 空を見上げると彩雲が見られました。美しい!

緑の景色を進みながらヌフェネン峠に向かいます。まさに九十九折の道ですね。この地域の天気は良くて気分爽快です。

全部車内からの写真です。

P1020884P1020862約2500mの峠付近の山容。 氷河やダムが見えます。山の向こうはもうイタリア。

この地域はスイスでもイタリア語圏で建物もイタリア風です。途中の村の狭い路地が楽しかった。
P1020892P1020890峠を越え、降りきったところがアイロロ駅。ここで1時間半ほどのお昼休憩。親切な運転手が「心配要らないよ、また後で会いましょう」と笑顔で荷物を乗せたままバスは行ってしまいました。ちょっと心配。。。

のんびりピクニックをして、時間になるとちゃんとバスは待っていました。

DSCF2887P1020901ここからはゴッタルド峠超え、これまたすごい九十九折の道を進みながら山を登ります。途中軍事施設が転々とあり、雄大な風景と妙なカップリングで印象的でした。

ゴッタルド峠には湖があります。しっかし夏にもかかわらず、とにかく寒かった。

DSCF2909 DSCF2910 ゴッタルド峠を下りきるとアンデルマットの駅です。  2つの峠をオペレーションしてくれた運転手とはここでさようなら。次はスーステン峠越えでマイリンゲンまで向かいます。

乗り換えたバスの乗客は我々だけでした。。。

P1020917P1020911アンデルマットからは一旦ゲッシェネンまで険しい谷間を下ります。途中有名な悪魔の橋の上の橋?を渡りますが、徐行するわけでもなく、ほとんど見えませんでした。対岸を走っている列車からの方が良く見えるでしょうね。

ゲッシェネンでは列車と並んで小休憩。

P1020932DSCF2957 ここからはスーステン峠に向けての登りです。はじめはトンネルや橋が連続 して面白い。その後は広い谷間を一直線に登っていきます。

この辺の天気は少し悪かった。山はちょっとした場所の違いで大分と天気が異なりますね。

P1020938 P1020947 スーステン峠の様子。殺風景なところ、数分止まったら出発でした。

後半のルートは絶壁を下りながら景色の変化が面白いです。どんどん後退している氷河の氷河湖や、カルデラのような綺麗な形のモレーン(左下)が見れます。

P1030005P1020974さすがにバスに揺られて3峠もパスすると後半は意識も薄らいできます。うつらうつらしているうちにマイリンゲンに到着しました。

ここからはスイス国鉄に乗り換えてブリエンツに向かいます。

P1030019P1030016ブリエンツはブリエンツ湖のほとりの風光明媚な村です。部屋からの眺め、すばらしいです。一泊と言わず、ゆっくり滞在したいとろでした。

ホテルはブリエンツの町外れのアパートメント。ツイン2室にリビングがあってゆったり快適です。

P1030033P1030030
ブリエンツは古い木造の建物が綺麗に残されています。ふらっと街歩きしているだけでも楽しいところ。

それからここは木工の街。バイオリン製作学校もあります。街にも何軒かのバイオリン工房があるみたい。

P1030061湖岸の遊歩道は美しい町並みと対岸の山の景色がすばらしい。

P1030068 DSCF3044
夜はホテルの1Fのレストランでブリエンツ湖を臨みながらのマス料理にしました。マスのフリッターはそれほど脂っこく無く、美味しかった。値段の割りにお得な内容で満足です。湖畔でのディナーは気持ちよく、デザートも頼んだりして二時間近くもゆっくりしてしまいました。

P1030074 3pass
部屋からのブリエンツ湖。湖面に映る月明かりが綺麗。

今日も楽しい盛りだくさんの一日でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です