出湯温泉 清廣館

P1010870 温泉でのんびりしたい。GWの真っ最中ですが温泉旅行に出発。新潟の五頭温泉郷の出湯温泉「清廣館」に泊まりました。

出湯温泉には数件の温泉宿があります。古い建物を改装して使われている宿が多いですが、この清廣館は建設当時そのままの風貌、昭和初期の木造3階建てで風格のある建物です。玄関は最近きれいに改装した様子。ただ宿泊者の靴がしまわれずに玄関に並んでいるのは少し残念。館内はきれいに使われています。随所に花が飾ってあって努力が見られますが、色あせたカーペットや改造時に取り付けたであろう少し指向の違う照明など、古さを生かせきれていない所が少し残念でした。

DSCF0972 間取りは各部屋のプライバシーを確保するように改装したためか結構複雑です。3Fには部屋ごとに階段を付けたようなつくりになっています。泊まったのは2Fの8畳部屋、天井がすごく高い。雪見障子も良くできています。たぶんこの旅館で一番良い部屋の一つだと思います。逆に言うと安い他の部屋は、少しがっかりの部屋もあるかもしれません。

P1010867早速内湯に向かいました。源泉かけ流しのお風呂との事で期待が高まります。冷めないようにカバーをするように、と書かれていますが、お湯は激熱!これは加温しすぎです。ホースも無いので水で冷ます事もできません。仕方なく、シャワーでしばらく冷ましました。自家源泉のお湯は湯船の中心の小さなパイプから湧き出しています。かけ流しと言うにはちょっと投入量が少ないです。多客時はちょっと湯が汚れそうです。 ヒノキ風呂なのは男湯で女湯は違うそうです。ママいわく、午前は入れ替えるなどしたほうがいいのに・・・との事でした。 

DSCF0963DSCF0962食事は地の山菜を中心としたもの。季節のものを出す努力が見えます。ただ、初めに少し冷めた天ぷらが出てきて、食も中盤にお造りが出てくるなど、ちょっと出し方は変でした。多客とはいえ、この辺は基本動作かと思います。味はまあまあなのに、なんだか慌しい食事で残念でした。

P1010875

その後パパは出湯共同浴場へ。最近改装されたのか、きれいな作りでした。大人¥200で安い!(けれど宿泊客は無料にするなど、少し配慮があると更に良いのに)。お湯はたっぷりかけ流しされていますが湯船のお湯は少し独特の匂いがありました。投入されるお湯は何の香りもないので、時間がたつと少し変性するのでしょうかね。ペットボトルをもった地元の人が沢山入浴していました。 その後は熱い内湯に入る気にもならず就寝。布団は綿布団で重かった。

P1010872翌朝はすぐ横の華報寺の共同浴場「漲泉窟」に行きました。ここの風呂も湯船の底のからぬるめの湯が直接投入されていて、かけ流しです。実はこのお湯が大当たり!、ぬる湯でゆっくり入っていると泡付があります。これが以前の椿温泉のように柔らかいガーゼに包まれているような感触になります。泡付は少なめですがパパ的には最高のお湯でした。近くに来たら間違いなく立ち寄ります。

出湯温泉、風呂毎にここまで感触の違う温泉も珍しいです。漲泉窟が最もここの湯の良さを引き出せているように思いました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です