イネの種まき

P1010795足柄農の会に参加して念願の米作り。水田は畑と違って水の確保が必要で、近隣の農家との水の分配など素人には手が出しにくい世界です。いくら休耕田であっても、この水の扱いや、近隣の農家との関係をうまくやっていけるような人でないと、田んぼを貸してもらえません。我々も車で約15分のところで集団で米作しているグループに参加させていただきました。

P1010792今日は種まき作業です。まずは土をふるいにかけて細かくします。ここは子供たちの出番。

P1010793

この土を288マスあるトレイに入れていきます。押し込まずフワッと入れていきます。

P1010797撒く種は数日に水につけたもの。水につけすぎると芽が伸びてしまいますし、種まきとのタイミングが難しそうです。

P1010800この種を一マスに3粒づつ入れていきます。楽勝かと思っていましたが、甘かった。このトレーを150個以上作るんだそうです・・・
 P1010801
トレーの升目にあわせた自家製の道具を使って撒いていきます。それでも一マスに5,6粒入ってしまうので、あとは地道に手で数を調整していきます。

P1010804種をまいたトレーの上に空のトレーを乗せて押し込みます。これで種の座りを良くします。
 

P1010805最後に籾殻のクン炭と土を1:1で混ぜ合わせた土をまぶして完成です。一マスでお茶碗一杯分の米になるそうです。

P1010807この作業を10人近くで流れ作業。午前中一杯頑張って、軽トラいっぱい完成しました。あとはこれを苗代に並べて水を張り発芽を待ちます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です