広州へリターン

P1010433P1010427香港からの帰りは深セン乗り継ぎ。歩いて国境を越えて、中国側の国鉄に乗り継ぎます。

乗ったのは中国国鉄のCRH1「和諧号」。この車両は中国新幹線車両の第一号で、カナダの技術を導入して中国で作られたものだそうです。
 

P1010444P1010436ちょっと贅沢に一等を取りました。車内はとても綺麗で、 行きの準高速の客車と比べると格段に快適です。電光掲示盤の最高速度は180kmでした。

広州から香港へのアクセスは乗り継ぎはありますがCRH1を使ったほうが安くて快適かもしれません。

P1010476DSCF0618夜は広州の名店のひとつ、利苑酒家へ。

T氏が北京ダックを予約しておいてくれました。デーンと丸焼きが運ばれて、テーブルのすぐ横で裁いてくれます。ハルキはちょっと固まっていました(笑)。もちろん味は最高!パパはこのファットな料理が大好きです。 

DSCF0622 DSCF0625ほかにも豚のすい臓のスープやショウロンポウなどを注文。メニューには100品以上ありそうです。特に肉系の料理が豊富でした。左の帆立とナッツの炒め物や右のおこげのなべも美味しかった。

毎食食べまくっているのに、やはり美味しい料理はいくらでも行けますね。幸せ~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です