発砲原酒の幸せ

DSCF0234

最近パパは発泡原酒(正しくは活性にごり発泡生原酒)が好き。いわば仕込んだ後に全く手を加えず絞った「どぶろく」ですね。酵母が生きていてビンの中でも発酵が進んでいます。ふたに穴が開いていて炭酸ガスを抜けるようになっています。流通しにくいので、当地で酒を絞る季節にしか手に入りません。最近旅行に行くとパパはこればかり探しています。先日の東北旅行で秋田の出羽鶴の発泡原酒をゲットしました。

味はこてこてのとろとろのシュワシュワ、好き嫌いがあるでしょうね。アルコール度数も20度近いしカロリーも相当高いでしょうね。パパは全く手を加えない素の日本酒の味がして好きです。

酵母が生きているので日々味が変化しますが、白ワインみたいに開封後に急激に酸化して味が落ちることはありません。パパみたいに毎日ちょっとづつチミチミ飲むには打ってつけです。少し消化が悪いんですかね、多く飲むともたれるので要注意。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です