アユの干物

DSCF0062 DSCF0061

熱川温泉の帰り、湯ヶ島温泉の料理屋「狩の川屋」でアユの干物をゲット。干物とはなかなか珍しい。丸々太った子持ちの丸干しと、油ののった開きと、内臓の塩辛「うるか」を購入。

干物は、川魚くささは全くなく、シシャモのような味わい。1匹300円以上しますが、値段なりの味わいです。ハルキも「これ大好き!」との事・・・

パパ的には「うるか」がヒット!、生臭さはほとんどなく、濃厚な塩辛やアンチョビのような味。ちみちみつつきながらの日本酒が最高。熟成しながら3年近く持つそうなのでこれからも長く楽しめそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です