火山実験

DSCF9179日本火山学会主催の「火山学者と火山を作ろう!in箱根・小田原」に参加しました。会場は近所の温泉地学研究所、前から気になっていた施設です。

この公開講座、ママが申し込んだのですが、3倍以上の応募で一度は落選。しかし直前になってキャンセルがあったらしく、幸運にも繰り上げ当選になりました。公開講座は2日間の行程で、1日目は「キッチン火山博士を目指そう」で、2日目は「ワイルドに火山を作ろう」。当選したのは1日目。もちろん1日目で大喜び!

会場の床と机は、厳重にビニールで養生されています。一体どんな実験をするのか楽しみです。

DSCF9201 DSCF9208一つ目の実験。カルデラを作る実験。コンデンスミルクの上にココアを振りかけて山にし、板の底からコンデンスミルクを抜いてカルデラを作る実験です。実際の火山がマグマ溜りからマグマがぬけて陥没するのと同じ原理との事。うーんいい香り!

見事にカルデラ発生。おまけに横からコンデンスミルクが漏れ出して側面噴火も! 周囲の先生からは、カルデラの崩落状況が実物そっくりなので確り観察するように!と指導が入る。
側面噴火が美味しそう・・・
 
ビニール袋が配られて、ココア持ち帰り許可!やったー!! ちなみにココアはバンホーテンのココア。このココアが一番上手くできるそうです。さすが高いだけあります。

DSCF9221

次は成層火山の実験。溶かしたミルクプリンとチョコレートプリンを注射器でアクリル板のしたから注入し成層火山を作ります。
またまた美味しそう・・・

プリンが冷えて固まったところを包丁で切って断面を観察。その後、火山と残ったマグマは子供たちが美味しくいただきました。

子供たちが火山に興味を持ち理解するのには実に楽しい実験でした。強いていえば、小学校4年以上とか年齢制限したほうがよかったと思います。低学年の子には遊びとおやつにしか見えないでしょうね(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です