フォロとアクエドッティ

DSCF7849
ローマの2日目、朝ごはんはテラスです。朝は爽やか。

DSCF7873コロッセオでは早速ローマパスを活用して、切符売り場の行列を横目に優先レーンで入場。楽々です。コロッセオは西暦80年完成。5万人収容。よくまあこんな大きな建物を作ったと、ただ感心するばかり。当時は日除けの帆も張ることもできたらしいです。

DSCF7915
その後パラティーノの丘へ。気温はぐんぐん上がります。またまた炎天下の散歩。オリーブの木々には実がなっていました。見たかったアウグストゥスの家は休館日(火曜日)残念。隣接しているリヴィアの家は外から覗けるようになっていましたが、暗くてよく見えませんでした。

DSCF2395
その後フォロロマーノへ。今回は2回目なので、もう知っている風景なのですが、やはりすごいところです。歴史を感じますね。

 

corroseo
いやーしかし暑かった・・・。昼にビットリオ祈念堂で軽食を取った頃は一同へとへと。スイカでリフレッシュ。これほどスイカが美味しく感じられたのは初めてです。

その後バスで一旦アパートへ。昼ビールでお昼寝。

DSCF7954DSCF7956
一休みの後、ママとパパでローマ水道橋を間近に見れるアクエドッティ(Parco degli Acquedotti)公園に向かいました。ガイドにもWebにもあまり情報が無いので、本当に行けるのかどうか心配でしたが、地下鉄の路線図の Giulio Agricola駅にアクエドッティ公園のマークがついていましたので、そこへ向かいました。

教会が見える方向に住宅街をしばらく歩くと、教会の右側にアクエドッティ公園の看板を発見。公園越しに水道橋が見えたのでそちらに向かって歩きました。

DSCF2459DSCF2463新しいフェリーチェ水道橋(とはいっても1500年代に修復されたもの)をくぐって、農地らしき所を越えて行き着きました。

クラウディオ水道橋。いやー大きい!左の写真のママに注目。

西暦52年に、水源地からローマまで100mで数センチの勾配を維持して建設したとは、、、測量もどうやってたんでしょうね。想像を絶します。

aquedottiかなりレアな場所と思いますが、行く価値ありです。

今回はGiulio Agricola駅からアプローチしましたが、Google Earthで見るに、Subaugusta駅から行ったほうが、もっと連続した水道橋を見れるかもしれません。尚、現地には何も案内がありませんでした。この情報は事前にネットで調べた情報なので間違っているかもしれません。

その後アパートに戻り、みんなで真実の口を見に行き(親たちは女学生に戻っていました)、トラステヴェレでピザを食べて、トラムに乗って帰りました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です