アマルフィ海岸

DSCF7665

今日はローマへの移動日。この時期のみ運行しているメトロ・デル・マーレのMM3番線に乗り、サレルノに出てから鉄道に乗り継ぐ事にしています。ホテルの従業員から、「なぜナポリに出ないんだ?」と不思議がられましたが、理由はもちろん、船上からのアマルフィ海岸見物です。

DSCF7676船は9:25AM発。朝食をのんびり取りハイヤーで港まで移動(25EUR)。サレルノでは乗り継ぎに2時間弱あるので余裕(のはず)です。

しかしやはりイタリア、ソレント行きの船は40分ほど遅れて到着しました。
ナポリ発のこの船は、すでに50%くらい乗っている状況。ソレントでも沢山乗り込んで、8割程度席が埋まりました。何とか進行方向左の窓側を確保。出航すると、早速泊まったホテルが見えてきました(真ん中のオレンジの建物)。

DSCF7729カプリ島を臨みながら船は海岸沿いに進みます。景色はすばらしいですが窓は開けられず、ガラスが曇っているのと、乗った船は外に出られなかったのが残念。30分弱でポジターノに到着。立体的な地形、色とりどりの建物、真っ青な空と海、とてもきれいな景色です。ポジターノでは半分ほどの乗客が下船しました。町は相当の賑わいです。ポジターノへはソレントからバスだと1時間以上かかるみたいです。船は楽々。
DSCF7740
この一帯は世界遺産になっています。急峻な崖に張り付くように家が建っています。道もすごい。一度バスで通ってみたいです。

DSCF7753しばらくするとアマルフィに到着。 最近織田祐二の映画で話題の場所です。 こちらもすばらしい景色。パパ的にはポジターノの方が立体的で印象的でした。

amalfi2実際アマルフィで下船した人の方が少なかったです。現地ではポジターノ方が賑わっているようです。

美しい景色を堪能しつつ約1時間遅れでサレルノに到着、タクシーくらい停まっているだろうと期待していましたが、港の周辺には何もありませんでした。列車の時間まであと40分ほど。駅までは2km位あるので、荷物を引いて歩くのはきつい。通りに出たところでバス停を見つけ待ちましたが、なかなか来ません。残り30分。痺れを切らして歩くことにしました。途中のバス停でいいタイミングでバスが来たので飛び乗ったのが大失敗。降りる場所(Concordiaが正解らしい)がわからず、乗り過ごしてしまいました。ママが偶然、駅への看板を目にしたので乗り過ごしが発覚。列車まであと15分。これには焦りました。ガトウィックの二の舞は何としても避けたい。次のバス停(これまた相当遠い)で飛び降りて、20kmの荷物を引きながら炎天下をダッシュ!(もう必死です)。何とか間に合いました。全員汗だくでヘトヘト。ママが気付かなかったらと思うと、ぞっとします。日本の感覚ではだめですね。イタリアは相当余裕を持ったプランが必要です。(サレルノも良い町みたいですが、おかげで全く記憶に残っていません。笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です