GPSユニット

DSCF6894

ちょっと気になっていたGPSロガー(SONYのGPS-CS3K)をママに反対されつつ小遣いで購入しました。

このGPS、添付ソフトとのソリューションで可也遊ます。まず自分が通った経路を自動で記録し、後にGoogle Mapなどの上で軌跡を確認できます。さらに、同時間帯で写した写真に位置情報(ジオタグ)を書き込み、どの地点で写した写真なのかを確認できます。これがあれば、「いったいこの写真どこで写したんだっけ?」とか、「この旅行どこを通ったっけ?」とかいうことがなくなります。

manaduru-1
早速近所の真鶴までお出かけしました。GPS-CS3Kは複数の衛星を補足し15秒間隔で位置情報を本体のメモリに書き込みます。地図で軌跡を確認すると、かなりの精度でトラッキングできているようでした。

manaduru-2
その軌跡をGoogle Earth上で見ることができて、パパは大喜び。立体地形上にマッピングされるので、リアリティーがあります。

赤い点は写真を撮ったポイントです。クリックすると写真が参照できます。ここまで殆ど添付ソフトが自動でやってくれます。世の中進んだもんですね。今後の旅行へは必携のアイテムになりそうです。ひとまず写真へジオタグを埋め込んでおいて、軌跡を残しておけば、今後さらに色々なアプリケーションで遊べそうです。

manaduru-3

ちなみに今回行った真鶴半島先端の三ツ石。普段は途中が水没して徒歩では行けませんが、この日は丁度干潮だったので幸運にも到達できました。いつも遠くから小さな岩のように見えていたところですが、近づいてみると結構迫力があります。陸からは岩が二つしか見えませんが、確かに三つありました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です