一人で磐越・羽越・奥羽周遊

DSCF4983 春休みの最後、パパは青春18切符で一人遊びに行って来ました。会津若松を早朝に発ち、磐越西線・羽越本線・米坂線を経由して東京帰着という、いわば筋金入りの乗り鉄を体験してきました。

DSCF4967

磐越西線には旧型の気動車、キハ58、キハ52の置き換えでキハE120が導入されています。会津の始発もキハE120とキハ110の5両混成編成でした。5時代の始発の車内はがらがらです。

キハE120ですが、パパ的には今一つでした。シートが硬く窓がグリーンガラスで風景も緑っぽい。エンジンのシフト音がバスって感じ・・・

DSCF4991磐越西線の景色をゆっくり楽しんだ後は、新潟から羽越本線です。村上駅までは電車ですが、そこから先は電化されているにもかかわらず気動車が走っています。村上から先は交流区間ですが、交流用の電車も東北では普通に走っているのに不思議です。まあパパ的には旧型気動車に乗れて大喜びですが・・・

DSCF5006

寄せ集め、三者三様のキハ4X編成に乗り込み今川駅までピストン。日本海の景勝・笹川流れの景色を車窓から楽しみます。とはいってもあっという間に過ぎてしまいますが。

DSCF5019
再度村上に戻り、お目当てのハラコ飯と市内見物。ハラコ飯は駅前の石田屋旅館で¥1,000!。これだけのボリュームでこの値段はありえないです。かなり満足のランチでした。

その後は駅でチャリを借りて武家屋敷めぐり。よくまあ一人で遊びますね(笑)。

DSCF5029

坂町まで戻って米坂線に。E120がぽつんと1両待っていました。込み合っている車内でなんとか1席ゲット。向かいは若い女の子。まっ、パパは気にせず写真撮ったり(景色の)鉄を楽しんでいたのですが、向かいの女の子が分厚い時刻表を開いているではありませんか!てっ、鉄子さんか!!そう思い出すと、なぜか変に緊張してきて、声をかけるきっかけもなく、米沢まで妙に落ち着かない道中になりました(笑)。

米沢では名物駅弁の「牛丼弁当・牛肉どまん中」をゲットして帰路に着きました。締めて¥13,000のプチ旅行でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です