わかめ狩り

DSCF5844

今日は早川の魚料教室でわかめ狩り。晩秋に仕込んだわかめの芽が人の背丈ほどに成長していました。今年は暖冬で成長が悪いらしいです。温度が低いほうが良く成長するとの事・・・

わかめは海中ではロープが下で「根・めかぶ・わかめ」の三部構成になっています。めかぶのところから切り取り下ごしらえをします。わかめには小さなエビみたいな生物「ワレカラ」が沢山付着しています。ちょっときもちわるい・・・

DSCF5864

魚料理教室では塩蔵方法を習いましたが、生わかめを持ち帰って瀬戸内流の灰干しにチャレンジ。わかめを洗って灰をまぶし2・3日干すだけです。

DSCF5852

灰はストーブで出た桜の灰。灰の中の石灰分が歯ごたえをよくし、アルカリ成分が日持ちを良くするようです。

せっかく生わかめがあるので、夜は鎌倉の友人から教わったしゃぶしゃぶにしました。ママはお出かけなのでハルキと二人しゃぶしゃぶです。お湯につけるとあっという間に鮮やかなグリーンに。楽しい!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です