人生の転換点

DSCF8969

ハルキが5年間続けてきたバイオリンをやめさせ、学習塾に入れる事にしました。正直複雑な気持ちです。Vnは5年間続けましたが、たぶん並みのVn教室の生徒よりは上達していると思います。右手を極め、ビブラートが会得できれば、後は自由になれるところでした。けれども最近の練習を見ていると、目的意識も薄く、自信も無く、アンテナも低く、ただ惰性で。それでもって、だめなところを指摘すると目がうつろになり不機嫌になり、親もいらいらして、、と悪循環でした。塾へ行けば毎晩復習、遊ぶ時間もありません。それでも本人はバイオリンを続けたいと言っていました。

ハルキはここ数年アイドリング状態で色々な面で伸びていませんでした。早く何かに自信を持ち、物事に目的意識を確り持って取り組めるようになってほしいと思っていました。それを得る題材としては、やっぱり家族共通の音楽がいい。勉強ができるより芸術に打ち込んでいるほうが魅力的だし。地味で奥手な男の子でも音楽で光っていれば少しは女の子にアピールできる(ここはパパの実体験上重要なところ:笑)。いい友達もたくさんできるし。そういったパパの暗黙の期待がハルキを縛っていたんでしょうね。ハルキはもうレッスンには行かないのに今日も練習していたようです。これにはちょっとグッと来ました。

一方学習塾にはとてもワクワクしているようです(笑)、ただ学習塾に行っても目標を確り持って主体的にやっていけるのだろうか正直不安です。結局バイオリンと同じかもしれません。バイオリンを辞めた矢先に勉強で期待してやる、なんていうのも頭の固いパパには難しい。。。どうも前向き思考にならないので少し冷却期間を置こうと思います。パパもまだまだ成長が足りないようです。

コメント

  1. T より:

    ハルキがオケに奏者として来る日を楽しみにしていました。
    少し寂しい気持ちもしますが、「またVnをやりたい」と言い出したら是非再開させてあげてください。中途半端かもしれませんが、人間万事塞翁が馬ということで。
    また飲みましょう(^^

  2. みのむしログ より:

    鬼のママはハルキのVnは売るといってます(怖ーい)。
    ハルキの昨日・今日の様子を見ていると、すっかりバイオリンには拘っていないような感じでした。もうちょっと食らい付いてくるかなあと思ってましたが・・・、まあほおって置こうと思います。

  3. K@岡山 より:

    うちの息子も、結局ホルンをやめてしまいました。ママは娘のピアノに対しても、みのむし家と同じような思いを持っているようです。 
    でも、この子供の時期は、やりたいことがいっぱいあるものですよね。うちの息子の場合、ロボット工作とか、プラモデルとか・・・、娘の場合、消しゴムはんこなどの手芸遊びが楽しいようです。
    何でもいいんだけれども、何かに「ど真剣」に取り組んでもらいたいという親の願いが強すぎるためか、時として子供にはうまく伝わらないものです。(うちでも、たびたび苦労しています。)
    今は息子は自転車に、はまっているので、ときどき親子で遠出しています。こうして少しでも、「何か」に真剣になるきっかけをと思っています。でも結局は、子ども達が自分で答えを見つけ出す手助けしかできないのかな?、とも思います。お互いに悩みは尽きませんね。

  4. みのむしログ より:

    K先輩のお話を伺って少しほっとしました。息子さん、やりたい事はっきりしていて、それに打ち込んでいるっていいですね。ハルキの場合、やらないといけない事をダラダラ後回しにして、やりたいことをする時間が無くなる、という悪循環です。自分も昔そういった感じだったので余計にイライラして・・・。どうやったら気づいてくれるんでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です