石北本線

sekihoku1

念願の石北本線に乗車。かもい岳温泉から宿の車に便乗し富良野駅へ、そこから富良野線、旭川経由で旧式のディーゼル特急「オホーツク3号」に乗車。4両編成の特急には平日でしたが車内は7割程度の乗車率でした。やはりバスに比べると車内が広く自由に動き回れるのでパパ的にはリラックス度は高いです。雪景色の中、地物のアイスクリームを車内販売で買ってのんびり進みます。

 

 sekihoku2

石北本線はいくつかの峠を越します。また単線なので、駅ごとにポイント通過のためかなり減速します。そのせいかなかなかスピードが出せません。石北トンネル付近は民家も無く急勾配が続きます。雪がたくさん降ってきました。

 

 

 

sekihoku3

何気なく写した駅が、昭和50年に廃止された上越駅でした。標高634mでJR北海道内では最高標高だそうです。廃止後数十年経っているのに駅舎はしっかりしていました。

 

sekihoku4

 

 

 

 

車内で注文し遠軽駅で受け取ったかにめし。楽しみの一つでしたが、味は普通でした。直前に食べたアイスクリームのせいか、カニの味があまりしませんでした。飯はすし飯ではなく普通の白ご飯です。少し味が薄いかな・・・

 

sekihoku5

 

 

乗車して4時間近く、まもなく終点網走です。車窓に網走湖が広がります。雪は少ないですが湖面は凍結し白っぽくなっていました。遠くに沈む夕日がきれいです。けどまだ3時過ぎなんですが・・・

 

sekihoku6

 

 

 

 

網走に着いたら、監獄とか市内観光とかオホーツク海とか、いろいろと考えていましたが、暗くなってきたので余り観光意欲は沸かず、一点目をつけていた藻琴湖産の牡蠣をゲットしに行きました。シーズンは終わりらしく、残りの少い牡蠣を土産に帰路に付きました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です