大崩海岸

ishibe1.JPGGWを利用して、天竜川沿線の秘境探索にお出かけ。その途中、ハルキが静岡県大崩海岸の旧東海道本線跡を見に行きたいと言うので寄ってみました。ちなみに最近ハルキが愛読している「鉄道配線跡を歩く」という本に載っていた場所らしい(謎)。
この辺はフォッサマグナの西端で非常に地形が険しい。道路は以前の海岸沿いルートは放棄して、海に橋でせり出しています。非常に風光明媚なところでした。


ishibe2.JPG上記写真の反対側、西の方向に旧東海道本線の崩れたトンネル坑門が見えます。これがハルキの目当てらしい。この先に列車が通った突堤が続いていたらしいですが跡形もなくなっています。よくまあこんなところを列車が通っていたなあ、、、と関心。
ハルキは何だかとても満足した様子で、旅行が始まったばかりなのに、”もう家に帰ろう” と・・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です