iPodの修理

ipod1.JPGGigaway氏より壊れたiPod (5G:第5世代)を頂いた。名前入りの貴重なものである。起動すると、かすかにジージーといって、その後壊れたiPodの画面(Sad iPod)になる。たぶんハードディスクが故障しているのだろう。
ジョブズがiPodは毎年買いかえるもの、なんて言う。生み出す商品はすばらしいがこの考え方には少し違和感を感じる。エンジニアの端くれとして人間の浪費へ抵抗を試みる。


ipod2.JPGしかし1.8’のハードディスクは高い。2万円弱もする。あと1万円も出せばiPod Classicが買える。HDDを変えても直るかどうか分からない。リスクの高い賭けだ。
iPodに内蔵しているHDDは東芝のMK8010GAHというもの。ネットで調べるにMK8009GAHと等価との事なのでそれを購入。見かけは一緒。製造が前者が中国で後者がフィリピン。ZIFという特殊なコネクターの扱いが難しいが何とか換装完了。


ipod3.JPG起動すると、、、iTunesへ繋げと言う。
初期化をして・・・ やった!動いた! 
で、、、どう使うのか・・・
実はパパはこういった高度に作りこまれたものを使いこなすのが苦手だ。iTunesも苦手だ。パパはOld-Generationなのである。
そしてママのものになった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です