MUZA川崎

muza1.JPG初めてのMUZA川崎シンフォニーホール。NTTフィル22回定期演奏会の会場となった。エントランス付近は広い空間で贅沢な感じ。
この通路、下から光が当たるので、すれ違う人は「お化け」のように見えてしまう(笑)。


muza2.JPGホールは奥行きが少なく、左右非対称で不思議な印象。1Fから3Fまでホールの中で移動できる。面白い空間でハルキが大喜び。客席は場所によっては床が斜めになっていたらしい。
舞台はサントリーホールやシンフォニーホールのような客席が舞台を取り囲む「ワインヤード型」。天井が高い。


muza4.JPGいざ音だし。自分の音が非常に良く聞こえる。響きに透明感があって良いと感じた。しかしアンサンブルは難しかった。遠いパートの音は天井に抜け反射音で聞こえる。特に金・打楽器と耳で合わせるのは難しい。客席の方でも場所により音響特性が異なり、2F最前列だとVnの直接音、3F付近は残響が大きすぎて良くないとの話を聞いた。
まあ多少音響に難あるものの、雰囲気最高のホールで天満先生との競演とプロコフィエフ交響曲第5番を演奏できたのは幸せだった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です