叱ってばかり・・・

しないといけない事を知っているのにだらだらしている。何度言っても片づけができない。悲しい出来事のあったお友達を冷やかす。
人間としての基本動作ができていない。事ある毎に理解できるように諭すが、本人の目はうつろ。さっきも夕食をダラダラ食べるので叱ったら「今食べようとしたのにお父さんが話すからいけないんだ!」とか「父さんはボクの気持ちを考えていない!」とか・・・本当に頭にくる。本気で言っているのか?!けれども本人も悪かったとは感じているみたい。しかし目先の叱られているという事に囚われて自分が(も?)悪かったとは認められない。しまいには「なにが悪いのかわけわからない」と・・・ 本当にわけがわからなくなっている。
DSCF9409.JPGまだこういうことは理解できないのか?こういった事を理解して矯正させようとする事が間違っているのか?理屈抜きの反復刷り込みで矯正するしかないか?とにかく誤った基本動作のまま成長してほしくない。
あまり認めたくないけど子供は自分の生き写し?少なからず身に覚えあり。そうだとすると自分の事を棚に上げて子供を叱っているという事? それじゃあ今後改善の余地は無い。。。 
子から学ぶということか?親も成長するしかない。

コメント

  1. あらぴょん より:

    私なんぞは昔は本当のワルモノだったわけで(笑)、あまり偉そうなことは言えませんけど。。。
    人は育てるのではなく育つのだ、という話があります。すべてはその人の中にすでに備わっているという前提の下、育てる側の頭の中にある理想像ではなく、それを超えて自らが育つように環境を提供してやろう、ということです。子供にも部下にも言えることではないかと思っています。
    注意(あるいは気づきを与える質問)と反省/反発というコミュニケーションも重ねつつ、あとは信じて待ってみてはどうでしょうか? 愛をうけて育っている彼は大丈夫だと私は思いますよ。

  2. みのむし より:

    えっ!あらぴょんさん「ワルモノ」だったんですか・・・
    信じて待つですね。確かに・・・ヒントになりました。ありがとうございます。うーむけれども「自らが育つように環境を提供してやる」ということ、つきつめると難しいですね。自分が超越しているという事実とその自分を自覚できないといけない・・・

  3. あらぴょん より:

    > あらぴょんさん「ワルモノ」だったんですか
    ええ、とんでもなく…電子メディア上ではこれ以上ハズかくして言えませんが
    > 「自らが育つように環境を提供してやる」ということ、つきつめると難しいですね。自分が超越しているという事実とその自分を自覚できないといけない・・・
    ご名答です。メタレベルの一段上のセルフが必要ということになります。

  4. みのむし より:

    リアルタイムには難しいだろうなあ。。。私にはまだまだ修行が必要そうです(笑)。

  5. いたくら より:

    しかし、何度見ても耳に痛いというか、目に痛いです。
    1. 自分で考えてする。
    普段頭を使っていないと周りからよく言われる。
    昔から家族中から言われているのが「ノーテンキバカアニキ」。
    2. 人のきもちを考える。
    最近はオケで黙ることにしています。
    3. おかたづけをする。
    いつも家中ごみだらけ
    4. すぐにしゅくだいをしてよういをする。
    最近、家に帰ってご飯食べて寝るだけなので、準備も何もありません。
    「風呂くらい勝手に沸いてくれないかな」なんて横着を考えているくらいなので、宿題も用意もなにもあったもんじゃありません。
    こんな自堕落な生活でいいのかな・・・。
    5. 4 時に楽器をする。
    最近、気が向いたときにした楽器を触っていない気が・・・。

  6. みのむし より:

    どうコメントしたらよいのやら。。。本件は成人男性向けの話題ではございませんが、何かしらの自覚あるのでしたら改善の余地はあるでしょうね。ま、逆にある意味そういった状態を楽しんでいるところもあるんでしょうね。私くらいの年になると、そんな余裕はまったくなくなります(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です