夢のあと

パーティーでケーキを分けるとき、ハルキがモンブランが絶対ほしいと主張。はっきり意思表示する事は良い事だが、世の中そんなに甘くない。
DSCF8420.JPG
公平を喫するために阿弥陀くじに。ハルキ以外はみんな大人。みんなで順番に線を入れていく。もちろんハルキが喜ぶように仕掛ける事はみんなわきまえている。
DSCF8431.JPG
ハルキを最後にして順番にトレースしていく。モンブラン以外が売れていく。ハルキはだんだんにやけてくる。そして(予定通り)モンブランをゲット!そのときの喜びようときたら!!!一同大爆笑。 けれどもハルキ曰く、「みんな僕が当るようにしてくれたんじゃない?!」と、うれしそうに・・・ 一同ドキッとした。子供を喜ばそうとしたちょっとした大人の遊び、しかしすっかり読まれていた。ハルキも大きくなってきた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です