サントリーホールの舞台

今日はサントリーホールでマーラー交響曲第2番の本番。パパは建物や音響に興味津々。
ソリストの立ち位置だとこの風景。広いなあ!
suntory1c.jpg
カラヤンもきっと触ったに違いない。パパもタッチ!
suntory3c.jpg
円形のひな壇は腰位置くらいまで上がる。端の席は怖い!
suntory4c.jpg
最前列端の客席からだとこうなってしまいます。
suntory5c.jpg
ヴァイオリンの4プルトですでにひな壇2段目。見晴らし良い!
suntory6c.jpg
楽屋は至って普通。というか今一・・・
suntory7c.jpg
楽屋の通路に変なものが。。。そりゃないでしょう!
suntory8c.jpg
休憩の合間にホール裏のキハチでケーキを購入。楽屋でのんびり食す。ちなみにお店はコンサート前のカップルにお勧め!
kihachic.jpg
サントリーホールは自分の音が良く聞こえ、小さい音はシビアに響き、周りの音はオープンタイプのホールの割には比較的良く聞こえる(とはいっても目でのアンサンブルは必須。アンサンブルは乱れやすい・・・)。変な残響も無くお客さんが入っても響きはあまり変わらない。大阪ザ・シンフォニーホールよりは個人的には気持ちよかった。けどパパが一番好きなのはスミダトリフォニーホールかなあ。

コメント

  1. T. Iwata より:

    サントリーホールですかー。いやーうらやましい限りです。

  2. みのむし より:

    良いホールは空気(雰囲気)から奏者の底力を引き出してくれますね。サントリーはその敷居が高く、正にプロ向きでアマは慣れないと空気に負けてしまいそうでした。この感覚、ふと若い頃のシンフォニーホールの印象を思い出しました。懐かしいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です