釧網本線

かねてより冬の釧網本線に乗りたかった。2箇所の国定公園を経由する。札幌からの夜行バスから乗り継いで出発。
キハ54、1両のみの気動車。車内は古い特急のシートに付け替えられていたが、車両中央に向かって対面固定でしかも窓と座席のピッチが合っていない。車窓マニアは一番乗りでないと気に入った席をゲットできないだろう。
hokkaido4c.jpg
網走を出てすぐにオホーツク海の横を走る。この時期はまだ流氷が接岸していない。2,3mはありそうな波が押し寄せ、低く垂れ込めた暗雲と相まって極寒の北海道の雰囲気満点である。
hokkaido5c.jpg
まっすぐ伸びる線路。通る列車は1日数本。
hokkaido6c.jpg
緑という無人駅での列車交換。寂しい風情だ。非常に良い!
hokkaido9c.jpg
網走を出て3時間ほど。釧路湿原の真っ只中を走る。
hokkaido10c.jpg
人気の全くない湖沼の横で。。。
hokkaido11c.jpg
標茶駅では地元の家族連れと相席になった。幼稚園のぼうやが、「おじちゃんもどうぞ!」って言って北海道COOPの地元産ポテトチップスを勧めてくれる。「もう本気でおじちゃんかあ・・・」と思いつつ楽しく暖かいひと時を過ごした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です