広電

広電はいろんな車両が走っていて楽しい。戦前の古豪やヨーロピアンスタイルの低床・連接車などが次から次へとやってくる。まるで市電の博物館だ。
hirosimac.jpg
この電車はなんと80歳。神戸出身らしい。
こんなに色々な車両をメンテするのはコストがかかるだろう。整備士のスキルも相当高いに違いない。厳しい経営を乗り越えて、なんとか存続してほしいものだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です