リモンチェッロ

地物のレモン12個、季節はずれのキズモノで\200なり。以前購入したリモンチェッロの味に納得できなかったので自家製作する事にする。(もちろんママがね^^;)
レシピを検索したら100度近いアルコールが必要とのこと。見つけたのがポーランドのウォッカ「スピリタス」。なんとアルコール度数96度。こんなん飲んだらやけどするぞ。ビンには火気厳禁とな・・・
Limoncello1.JPG
レモンの皮の表面だけを削ってアルコールにつける。しばらくすると黄色い色素がアルコールに溶け出す。
Limoncello2.JPG
皮をつけること一週間。すっかり色と香りが移った。とても良い香りが漂う。
Limoncello3.JPG
アルコール500mlに500mlの水+500gの砂糖で砂糖水を作り混ぜる。すると乳化?して白濁する。
Limoncello4.JPG
完成!無香料の天然物。冷凍庫で冷やして飲む。コップも冷やしておく。超さわやかな食後酒である。
Limoncello5.JPG


まあどこかのレシピのとおりなんだけど、ちょっとコテコテ・甘すぎる感じ。だからって炭酸で割ると、本来の香りが薄くなって感動度は下がる。やはりグラスも含めてキンキンに冷やして、ちょっとだけをクイっと飲み干すのがさわやかな飲み方です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です