ラティスフェンスの製作1

レッドロビンの生垣が病気になった。無農薬野菜を志している小田原邸としては薬剤は使いたくない。この際すべて処分して木塀をつけることにした。ちなみにきちんと木塀を作ると1mで3万円ほどが相場らしい。今回のスパンは23mほどある。ヒエー・・・そんな・・・。この前薪ストーブで贅沢したばかり。秋にも駐車場で外溝にお金をかけている。今回はコンクリに支柱を立てる所だけ発注して、その他はDIYで行くことにした。
見た感じ元気なレッドロビン、しかし茶色い斑点状の病気が蔓延している。
Red Robin1.JPG
まずは枝払い。なんかすごくすっきりした。引き続いて引き抜き作業。これが大変!。直径5cm以上になると根が張っていてなかなか抜けない。右に左に倒しながらスコップで根を切って、一つ一つ進む。一日かかって50本近くを引き抜いた。
Red Robin2.JPG
無残な姿のレッドロビン。けど無駄にはしません。冬の燃料として働いていただきます。
Red Robin3.JPG
非常にすっきりしました。1mほど土地が広がった感覚です。畝がもう一つ作れそうです。何だかうれしい。さあこの後は支柱とフェンスの設置です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です